IIoTを介して、計測によりスマート工場の改善が促進される

IIoTを介して、計測によりスマート工場の改善が促進される

ピーター・ドラッカーの言葉とされている「計測なくして改善なし」は、事業改善の中核でありIIoT(産業用モノのインターネット)の利点の基本です。

IIoTを推進する背後の要因として、より多くの計測、素早く徹底的なデータ分析、そしてプロセスの逸脱に対するより素早い対応が挙げられます。

これらすべてのプロセス改善は、グローバルなビジネスにおいて価値を向上させます。しかし、より多く計測するためには、より多くのパラメータを、より正確に、より頻繁に、より多く感知する必要があります。

 

IIoTの中核にあるのはセンサです。既存の技術にソフトウェアのアルゴリズムを重ね合わせることで多少の改善は実現できますが、大きく前進するためにはパラメータを増やす必要があります。

新しいパラメータは、それぞれ多大なチャンスをもたらし、システムをスマート化させます。

既存のパラメータも進化を続けており、当社は、温度、光、位置、高度、湿度、圧力、その他多くのパラメータをかつてなく正確に計測できます。

 

しかし、各センサーの小型化、低価格化、また組み込みおよび特化が進むにつれ、機能と適応性が制限されてしまいます。

ビジョンベースの感知は、このような制限を改善します。マシンが本当に「見る」ことができれば、ほとんどあらゆることを実現できます。

ビジョン感知を伴うプログラム可能性により柔軟性を確保することで、1つのビジョンシステムを使用して、欠如した(または誤配置した)コンポーネントを感知したり、プロセスの逸脱を示すわずかな色の変化を検知できます。

 

IIoTにより基本的な計測を行うための基本的なセンサーが増加すると同時に、ビジョンベース(静止画および動画)の感知が進むことで、よりスマートなシステムがより柔軟に、より価値が高くなります。

製品の交換または複雑な製品のバリエーションの生産のために、生産ラインおよび工場を再構成する場合でも、ビジョンシステムを手作業で移動したり再構成する必要はありません。

制御プログラムを交換するだけでシステムの稼働準備ができると同時に、コストと時間と労力を節約し、人的ミスを取り除きます。

 

IIoTは、心を躍らせる魅力的な将来をスマート工場にもたらし、本当の自律性を持った工場と製造プロセスが急速に近づいています。

生産プロセスのあらゆる段階を遠隔で監視および制御することにより、無類のチャンスが生まれます。

IIoTの分野で起きている急速な発展とイノベーションは、経営の効率性、運営コストの削減、そしてより強靭で自己学習機能を備えたプロセスの面で、明らかにビジネスの恩恵をもたらしています。

 

オン・セミコンダクターなどの主要なテクノロジー企業は、非常に幅広い能力と技術を活かして、このような将来を創造する最先端に立っています。

出典:『IIoTを介して、計測によりスマート工場の改善が促進される』オン・セミコンダクター


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。