ものづくりニュース by aperza

GS1事業者コードの登録方法

GS1事業者コードの登録方法

概要

GS1事業者コード(JAN企業コード)の管理は、(一財)流通システム開発センターの中の流通コードセンターで昭和53年12月から行われている。

登録には、「インターネットによる申請方法」または「登録申請書による申請方法」を選択する。

登録料金は、表のように登録企業の年間売上高、及び製造/非製造業により異なっており、有効期限は3年である。

インターネットによる登録

パソコンから流通システム開発センター「メールアドレスの登録」ページにアクセスし、Eメールアドレスを登録する。

そして、届いたメールに記載されているURLにアクセスし、必要事項を入力する。

次に、登録申請料をコンビニ支払、ペイジー支払、銀行振込等で支払う。

 

流通開発センターが入金を確認し、申請内容に不備が無ければ、約7営業日でGS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が普通郵便(転送不可)で発送される。

登録申請書による登録

流通システム開発センターが発行する「バーコード利用の手引き」巻末の登録申請書を切り離し、必要事項を記入して申し込む。

登録申請料は、登録申請書の下に付いている払込用紙で、ゆうちょ銀行(郵便局)から払い込む。

そして、登録申請書の裏面に、振替払込請求書兼受領証のコピーを貼り付け、登録録申請書を流通システム開発センターに送付する。

 

そして、約2週間で登録結果の通知が郵送されてくる。

「バーコード利用の手引き」は、全国の商工会議所または商工会で購入するか、流通システム開発センターのホームページで購入する。

登録企業

登録企業は、次の5種類に分類する。

メーカコードの登録は、アイテムコードの管理ができる企業に限定されているため、印刷会社や外部の企業に委託して申請することはできない。

 

(1)商品の製造元、または、発売元
商品の製造元であり、また、販売元である企業は、登録対象となる。また、販売会社の仕様書またはブランドで、単数または複数の企業に製造委託した場合、その商品の販売元となっている企業が、登録の対象となる。つまり、ブランドを持っている企業が登録対象となる。

(2)プライベート・ブランド商品やオリジナル商品を販売する卸売御者と小売業者
卸売業者や小売業者でも、商品にプライベートなブランドを付ける場合や、オリジナルな商品を企画し、製造委託させて販売する場合は、登録対象企業となる。

(3)フランチャイザ
清涼飲料水のように、地域毎に別法人を持ち、同一製品を製造・販売している場合は、メーカコードは、フランチャイザが持っているメーカコードを各フランシャイジが使用するようにする。したがって、フランチャイザが代表してメーカコードを取得する。

 

(4)輸入業者
輸入業者は、登録対象企業である。但し、海外メーカが、現地の商品コードを取得している場合は、改めて取得する必要はない。

(5)セット商品(詰め合わせ商品)を作る企業
製造元または販売元が、セット商品を作る場合は、そのまま製造会社、または、販売元のメーカコードを使用する。卸売業者が、セット商品を作る場合は、(2)のプライベート・ブランドやオリジナル商品と同じ扱いで、その卸業者は、メーカコードの登録が必要である。小売業者が、セット商品を作る場合は、(2)のプライベート・ブランドやオリジナル商品と同じ扱いで、メーカコードが必要となる。

 

標準バージョン13桁の登録費用(有効期間3年)(消費税別)
スクリーンショット 2017-06-05 20.00.39

短縮バージョン8桁の登録費用(有効期間3年)
スクリーンショット 2017-06-05 20.00.56

メーカコード

2001年1月よりメーカコードは、3年間の利用予想アイテム数が500アイテム以上の場合は、必要に応じて9桁JANメーカコードが複数貸与される。

複数貸与されてもその数が100までは、追加の登録料は発生しない。

申請時に5万アイテム以上の企業には、7桁JANメーカコードが貸与される。

 

“9桁メーカコード”1つで、999アイテムまで付番できる。

先頭の2桁は日本を表す国コードで9桁メーカコードの国コードは必ず45であり、456〜459が使用されている。7桁のメーカコードは、450〜455と490〜499が使用されている。

商品コードの登録

メーカコードを取得した企業は、自由に商品コードを決めることができる。

そして、商品コードとその情報について、流通コードセンターに報告し、流通コードセンターのアイテムコードファイルサービスJICFS(Japan Item Code file Service)に登録を依頼すると共に、卸売業者や小売店等の取引先に対しても連絡をする。

JICFSは、商品メーカが設定したJANコードに関する商品名、サイズ、希望小売価格、商品規格(容量、重量)、単品サイズ(幅・高さ・奥行)、容器形態の外に、発売年月日、発売中止年月日、分類コードの商品コード情報を集めて、小売業者や卸売業者に提供、連絡するサービスである。

 

この商品登録の費用は無料で、登録票の外に、MTやフロッピー、オンラインでも登録できる。また、原則として、プライベート商品コードについては、登録できない。

卸売業者や小売店の商品マスタ登録

卸売業者や小売店のPOSにおける商品マスタの登録は、独自に取引先から商品コード表を入手して登録することもできるが、取引先や商品が多い場合は、データ収集が大変な作業である共に、入力作業も大変な作業となる。

そこで、商品コードデータを流通コードセンターのJICFSから購入することもできる。

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。