速報取材レポート公開!FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展

速報取材レポート公開!FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展

「FOOMA JAPAN 国際食品工業展」は、最新の食品機械・装置、関連機器や最先端テクノロジーが一堂に集まる展示会。前回は789社が出展、100,411名が来場しました。なおFOOMAとは、「food」(食品)と「machinery」(機械)から成る造語で、一般社団法人日本食品機械工業会が主催する国際食品工業展の名称を「FOOMA JAPAN」と呼びます。

41回目を迎える「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」は、2018年6月12日(火)~6月15日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中です。

本ページでは製造業、中でも食品業界の技術者に向けて、「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」の概要と、展示会取材速報レポートをお届けします! ぜひダウンロードしてご覧ください。

「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」今回の見どころは? FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」今回の見どころは?

FOOMAは、東京ビッグサイトの東館8ホールすべてを占める最大規模の展示会であり、かつ、 出展内容は小さな部品から食品製造ラインのデモまで広範囲にわたります。そこで、編集部としては、本展示会レポート作成にあたって、いくつかのテーマを設定しました。

1. 食品業界が先行しており、今後の大きなトレンドとなると考えられている「協働ロボットの動向」
2. 従来は個別に装置を作成していたのを代替する可能性がある、「食品業界における汎用ロボットの適用 拡大」
3. どの製造業においても、急速に製品や装置に組み込まれてきている「食品業界における工場のIoT化」
4. その他、興味深い装置や部品(コメントは割愛します)

まず、1の協働ロボットに関しては、徐々に使われ方が整理されてきている感じがしました。 例えば、これまでの人と協働ロボットが同じラインで働くことから発展して、協働ロボットと そうでないロボットの分業や、人のじゃまになりにくい程の小型化などです。一般的に、新し いものの細分化が始まるのが市場のステージが位置段階上がり、新しい物好きの先進企業だけでなく、一般企業も本格的に導入を始めるタイミングと考えられています。近いうちに「協働 ロボット」は先進テクノロジーだと思われなくなるかもしれません。

次に、2の汎用ロボットの適用拡大について、撹拌や挿入・取り出しなど、これまでは専用の 装置でやっていたことが、汎用ロボットアームで十分な速度と精度を確保したうえで行っているケースを良く見ました。また、検査やピッキングにおいて、食品であるがゆえの難しさ、例えば、画像認識の対象が不定形で積み重なっている、掴む対象に完熟あるいは腐りかけている 非常に柔らかいものが混在しているなどを克服しているケースが散見されました。

さらに、3のIoT化については、さまざまなモジュール/センサー/装置がIoT対応をうたっており、組み立て製造業と比べてもエッジのIoT化について、遜色は無いように見受けられます。 一方で、本展示会ではIoTは品質管理、トレーサビリティ、装置監視がほとんどで、工場全体 や工場間の最適化の視点が少なかったようです。多くの展示会で多種多様なIoTプラットフォームが出展されているのと対象的でした。

なお、今回お届けするレポートにおいては、上記のテーマに関する展示以外については対象としていません が、会場にはさまざまな出展物があります。

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」速報取材レポート掲載内容

ファナック株式会社
高速スカラロボット、協働ロボットなど
食品工場で使えるロボットを用いた自動化システムをデモ展示

ユニバーサルロボット
人とロボットによる「たこ焼き」づくりデモ

株式会社デンソーウェーブ
人協働ロボット『COBOTTA®』やOSARO社の画像処理ソフトを
使ったロボットによる不定形・山積みピッキング

株式会社安川電機
“YASKAWAと描く,これからの食づくり”をコンセプトとした
ロボットシステムと題して、人協働ロボットのデモ展示など

ストーブリ株式会社
協働ロボット使用により安全柵不要!限られたスペースに設置できる
食品容器自動投入ロボットシステム

シブヤマシナリー株式会社
従来の力センサー型では困難であった柔らかいものや腐ったものが
混在していても潰さずに掴むことが可能「リアルハプティクス技術」

OMC株式会社
ロボットハンドリングシステム+OSL(OMC密閉蓋)など

オムロン株式会社
ピッキングと検査を自動化するロボットと画像検査の
組み合わせシステム、無線不使用の動線・行動管理『いろあと』

中井機械工業株式会社
熟練の職人の仕込み作業をロボットで実現し、
熟練工不足に対応する『ロボットアーム式撹拌機』 (参考出展)

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

オプテックス・エフエー株式会社
弁当や惣菜などの食品表示ラベルの印字内容を検査する
ラベル検査装置の新製品『HVSシリーズ』など

伊藤忠マシンテクノス株式会社
360度検知で死角なし、高い歩留りで確実に異物&不良品を除去 
KEY社のカメラ・レーザー色彩選別機や、ソフトロボットハンド

トムラソーティング株式会社
レーザー、カメラを主に使用して異物や色、形の選別を自動で行う
最新式落下式光学選別機『TOMRA 5B』の実機を展示

ナラサキ産業株式会社
従来不可能だった下面の品質検査、奥行き方向の検査を可能にした
食品用下面検査システム、3D検査システム

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

株式会社バルコム
ヘルール継手1箇所に圧力と温度センサを配置、取付部分の削減に最適
温度計測機能付サニタリ型圧力計『プレスサーモシリーズ』

株式会社エー・アンド・デイ
治具やアタッチメントをワンタッチで交換でき、段取り時間を削減
ボルトに替わる『ワンタッチ着脱』

紀州技研工業株式会社
ピエゾ式ヘッドもサーマル式ヘッドも、最大4ヘッドまで同時制御
マルチヘッド対応!産業用インクジェットプリンター

アンリツインフィビス株式会社
製品そのものの性能向上に加えて、IoT対応をうたう
SSVシリーズオートチェッカ、金属検出部付きなど

アズビル株式会社
流量計のマルチパラメータ管理&診断機能を持つ電子流量計

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

日立グループ
「現場」「品質」「解析」をつなぐIoTソリューション
遠隔温度監視サービス『スマートIoTサービス』など 

バンドー化学株式会社
20μmレベルの異物(皮膚、髪の毛etd)を可視化!
異物検査ツール『BANDO DEC-20』 

イーデーエム株式会社
給袋包装機の印字工程と検査工程を一体化することで、工程削減、
プロセス単純化 検査用カメラ内蔵サーマルプリンタ『PCP-200JA』

株式会社フジワラテクノアート
熱水蒸気による約0.2秒の極端時間加熱と、急速減圧を組み合わせた
新しい殺菌原理により、粉体内に潜む雑菌を殺菌“0.2秒の魔法”

山洋電気株式会社
高静圧,長寿命 92 mm角 × 38 mm厚
防水ファン『San Ace 92W』9WLタイプ

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

ノードソン株式会社
生産ラインのIoT化に合わせて、PLC側ではなく
装置側からPLCに一括接続して集中監視を容易に

株式会社イシダ
各機器の稼働状況やデータを事務所にいながらリアルタイムで
モニタリングが可能な生産管理システムと各種ソリューションを展示

株式会社イマオコーポレーション
治具やアタッチメントをワンタッチで交換でき、段取り時間を削減
ボルトに替わる『ワンタッチ着脱』

ホーコス株式会社
風と水で粉体捕集!飛散抑制、分解洗浄で
食品工場の衛生管理に役立つ円筒スクラバー

サン・プラント工業株式会社
メンテナンスのしやすさに徹底的にこだわり、
ステンレス製で分解洗浄も簡単! 小型サイクロン型集塵機

ニップンエンジニアリング株式会社
協働ロボット利用で安全柵いらず、即戦力としてすぐに導入可能!
熟練者のように弁当・惣菜のトッピングを行うロボット『ニトロン』

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです! DSC08615 DSC08624 DSC08628 DSC08635 DSC08640 DSC08652 DSC08653 DSC08664 DSC08675 DSC08679 DSC08681 DSC08685__2 FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです! DSC08713 DSC08714 DSC08725 DSC08761 DSC08764 FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 開催概要

名称

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展
2018 International Food Machinery & Technology Exhibition

目的

食品機械・装置および関連機器に関する技術ならびに情報の交流と普及をはかり、併せて食品産業の一層の発展に寄与することとし、「食の安全・安心」に関心が高まる中、食品機械の最先端テクノロジー、製品、サービスを通して、「食の技術が拓く、ゆたかな未来」を提案する。

会期

2018年6月12日(火)~15日(金) 4日間

時間

午前10時~午後5時

会場

東京ビッグサイト 東展示棟 1~8ホール

テーマ

食の技術は無限大。

主催

一般社団法人 日本食品機械工業会

後援

経済産業省/農林水産省/厚生労働省/東京都/日本貿易振興機構(順不同、予定)

協賛

一般財団法人食品産業センター、製粉協会、全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会、全国乾麺協同組合連合会、全国凍豆腐工業協同組合連合会、全国醸造機器工業組合、全国醤油工業協同組合連合会、全国食鳥肉販売業生活衛生同業組合連合会、全国食肉事業協同組合連合会、全国製麺協同組合連合会、一般社団法人全国清涼飲料工業会、全国味噌工業協同組合連合会、全国麦茶工業協同組合、全日本菓子協会、全日本菓子工業協同組合連合会、一般社団法人全日本コーヒー協会、全日本パン協同組合連合会、一般社団法人中部包装食品機械工業会、東京糧食機工業協同組合、一般社団法人日本アイスクリーム協会、一般社団法人日本果汁協会、公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会、一般社団法人日本機械工業連合会、公益社団法人日本給食サービス協会、一般社団法人日本産業機械工業会、一般社団法人日本自動販売機工業会、日本醤油協会、一般社団法人日本食鳥協会、一般社団法人日本食肉加工協会、公益社団法人日本食肉協議会、公益財団法人日本食肉消費総合センター、公益財団法人日本食肉流通センター、公益社団法人日本食品衛生協会、一般社団法人日本植物蛋白食品協会、日本水産機械工業協同組合、協同組合日本製パン製菓機械工業会、一般社団法人日本精米工業会、一般社団法人日本惣菜協会、一般社団法人日本即席食品工業協会、一般社団法人日本厨房工業会、一般社団法人日本豆腐機器連合会、一般社団法人日本乳業協会、一般社団法人日本農業機械工業会、日本ハム・ソーセージ工業協同組合、一般社団法人日本パン工業会、一般社団法人日本ハンバーグ・ハンバーガー協会、一般社団法人日本フードサービス協会、一般社団法人日本粉体工業技術協会、一般社団法人日本包装機械工業会、公益社団法人日本包装技術協会、一般社団法人日本洋菓子協会連合会、一般社団法人日本冷凍空調工業会、一般社団法人日本冷凍食品協会

来場者数(※前回)

100,411名

出展者数(※前回)

789社

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 出展製品

原料処理

混合・攪拌・混練機、粉砕・分級・造粒機、ふるい機・網、乾燥機、殺菌装置、熱交換機、脱水機、ニーダー、ホモジナイザー、開袋機など

食品製造・加工

菓子・パン

オーブン、ミキサー、焼成機、成形機、デポジッター、ドゥコンディショナー、蒸し器、包・製あん機、コーティング機、テンパリング機、スライサー、製パンラインなど

食肉・水産物

スライサー、カッター、チョッパー、ダイサー、テンダーライザー、ミキサー、成形機、ソーセージ・ハム充填機、ハンバーグ成形機、インジェクター、スタッファー、タンブラー、魚体処理機など

麺類

製麺機、即席麺製造プラント、パスタ製造機、餃子・ワンタン・焼売・包子製造装置、茹上機など

調理食品

オーブン、フライヤー、炒め機、蒸し機、焼成機、加熱攪拌機、炊飯機、寿司ロボット、寿司・おにぎり製造・包装機器など

飲料・乳製品

飲料プラント、濾過装置、果汁飲料製造装置、搾汁機、飲料充填機、飲料滅菌装置、濃縮装置・乳化装置など

農産物

野菜・果物洗浄機、精米機器、洗米機、カッター、スライサー、千切り機、皮むき・芯取り機、選別機、異物除去装置、割卵機など

豆腐

豆腐プラント、豆乳プラント、脱臭機、フライヤー、油揚製造機、湯葉製造機、焼豆腐製造機、豆腐用型箱など

発酵・醸造

蒸留装置、圧搾機、均質機、乳化装置、発酵用タンク、発酵室、製麹機など

その他食品

油濾過機、油塗装置、食品用印刷機、高圧食品製造機など

エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション

トレーサビリティ、RFID関連機器、EDI(電子商取引)対応システム、工場設計・設備エンジニアリング、HACCP管理システム、計測・制御システム、販売管理ソフト、生産管理・支援ソフト、ITソリューション提案、IoT/M2Mなど

鮮度管理・品質保持

予冷・冷凍・冷却・凍結装置、解凍装置、チラー、冷蔵・保冷庫、貯蔵設備、紫外線・オゾン応用装置、殺菌・滅菌装置、空調装置など

包装・充填

各種包装機器、充填機、計数・計量機、結束機、シーラー、インクジェットプリンター、印字機、ラベルシール機、包装資材、ピッキングロボットなど

保管・搬送・移動

コンテナ、コンベア、ベルト、チェーン、産業用ロボット、リフト、選別機、運搬車両、ホース、ポンプ、タンクなど

計測・分析・検査分野

計測機器、分析機器、検査機器、検出機器、測定・試験機器、画像処理機器、センサーなど

衛生対策・管理

施設・容器・器具洗浄機器、クリーンルーム、シートキャッチャー、ユニフォーム、異物・害虫混入防止機器・装置、電解水生成機、洗剤・薬剤、衛生資材など

環境対策・リサイクル

排水処理装置、エネルギー有効利用システム、ごみ処理装置、コンポスト化機器・システム、乾燥機、再資源化処理装置・技術、減容機器、リサイクル機器、汚泥処理装置・技術など

設備機器・技術・部品

ボイラー、バルブ・継手、ノズル、タンク、ホース、モーター、潤滑油、添加剤、熱風発生機、膜および膜利用技術、フィルター、食品工場用床材、床仕上工法、監視カメラ、LED照明など

情報サービス・団体

新聞・雑誌・書籍・ビデオ、調査・研究・試験、団体・機関、自治体など

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 出展者一覧

アーシェルジャパン株式会社、株式会社アイエイアイ、株式会社愛工舎製作所、愛知電機株式会社、愛知電熱株式会社、アイトス株式会社、IBPテクノロジー株式会社、株式会社AIHO、株式会社アオスフィールド、青葉化成株式会社、赤門ウイレックス株式会社、アコージャパン株式会社、株式会社 アコー、株式会社旭金属、株式会社旭プレシジョン、旭工業株式会社、アサヒ産業株式会社、朝日産業株式会社、アサヒ装設株式会社、有限会社麻布精機製作所、株式会社アステックエンジニアリング、株式会社アストラアズビル株式会社アズビルトレーディング株式会社、アゼット株式会社、株式会社アタゴ、アドバンテック東洋株式会社、アトミクス株式会社、株式会社エービーシージャパン東日本、株式会社アトラステクノサービス、株式会社アビー、株式会社アマギ、ROYALDUYVISWIENER、アムンゼン株式会社、株式会社アメフレック、株式会社荒井鉄工所、株式会社荒川製作所、株式会社アラハタフードマシン、アラム株式会社、有馬ベルト工業株式会社、有光工業株式会社、株式会社アルス、アルトリスト株式会社、アルファ・ラバル株式会社、ダイワ販売株式会社、アルマーク株式会社、株式会社安西製作所、株式会社アントンパール・ジャパン、アンリツインフィビス株式会社、飯島電子工業株式会社、株式会社EGG、株式会社飯田製作所、イーデーエム株式会社、イカリ消毒株式会社、株式会社いけうち、池田機械工業株式会社、株式会社イシダ、日新電子工業株式会社、株式会社イズミフードマシナリ、住友重機械搬送システム株式会社、住友重機械プロセス機器株式会社、板橋工業株式会社、伊藤忠マシンテクノス株式会社、イトヤ株式会社、株式会社イナモク、茨木精機株式会社、株式会社イマオコーポレーション、岩井機械工業株式会社、株式会社岩井パック、株式会社イワキ、イワセ鉄工株式会社、株式会社岩月機械製作所、イントラロックスエルエルシー、有限会社ウイポップ、株式会社ウイル、WEBER Group Japan株式会社、有限会社ウエスト、エイコーフィルター株式会社、HMSインダストリアルネットワークス株式会社、株式会社HTテック、株式会社エイブル株式会社エー・アンド・デイ、エー・エム・プロダクツ株式会社、エーシー・フードテック株式会社、エーシンパック工業株式会社、エースシステム株式会社、株式会社エービーシー商会、株式会社エコノス・ジャパン、株式会社S・K・I、エスケー化研株式会社、株式会社エス・シー・テクノ、エステック株式会社、SPXフローテクノロジージャパン株式会社、株式会社SPV、エスペック株式会社、NVN株式会社、NOK株式会社、NOKクリューバー株式会社、株式会社エヌテック、株式会社エヌワイビー、株式会社荏原計器製作所、F.F FISCHER PLANNING、株式会社エフ・エム・アイ、株式会社エム・アンド・イー、株式会社エムエスティ、株式会社エム・オー・サービス、株式会社エム・ケー・エンジニアリング、株式会社チャムコエムケージャパン、株式会社エムテートリマツ、株式会社エムラ販売、エラブジャパン株式会社、株式会社エル・エム・エス、大井工業株式会社、OMC株式会社、株式会社大川原製作所、大阪サニタリー株式会社、株式会社大竹麺機、有限会社大西冷熱、株式会社大道産業、大宮高圧有限会社、オーム電機株式会社、大森機械工業株式会社、小川コンベヤ株式会社、株式会社オクイ、オサ機械株式会社、押尾産業株式会社、株式会社オシキリ、株式会社小野商事、オプテックス・エフエー株式会社、オムニヨシダ株式会社、オムロン株式会社、オムロンフィールドエンジニアリング株式会社、オリエンタルモーター株式会社、オリオン機械株式会社、オリヒロ株式会社、カウゼル株式会社、株式会社カジワラ、株式会社カジワラキッチンサプライ、株式会社片岡製作所、株式会社型久堂、神奈川機器工業株式会社、兼八産業株式会社、株式会社鎌田機械製作所、上根精機工業株式会社、川口精機株式会社、カワサキ機工株式会社、株式会社静岡プラント、川崎重工業株式会社、川治電機工業株式会社、株式会社川島製作所、株式会社川瀬製作所、株式会社関西久保長、株式会社関電エネルギーソリューション、関東混合機工業株式会社、株式会社カントー、株式会社ガードナー、紀州技研工業株式会社、株式会社機設、キソー工業株式会社、北沢産業株式会社、株式会社北村製作所、絹川工業株式会社、株式会社木原製作所、キムラシール株式会社、株式会社キューケン、株式会社久電舎、株式会社共栄エンジニアリング、株式会社KyoDo、株式会社京都製作所、京町産業車輌株式会社、株式会社共立物流システム、共立プラント工業株式会社、株式会社共和、協和工業株式会社、協和ステンレス株式会社、協和電機株式会社、キョーワクリーン株式会社、清本鐵工株式会社、キリンエンジニアリング株式会社、クイック・ロック・ジャパン株式会社、国立株式会社、株式会社クボタ、株式会社クメタ製作所、グラコ株式会社、クラレクラフレックス株式会社、オザックス株式会社、株式会社グランパックス、株式会社グリーンプラス、株式会社クレオ、株式会社グローエンジニアリング、株式会社クローバー、GEAウエストファリアセパレータージャパン株式会社、GEAプロセスエンジニアリング株式会社、ケイエスリンクス株式会社、晃栄産業株式会社、ケイエルプラント株式会社、株式会社森本組、株式会社ケイズベルテック、KE・OSマシナリー株式会社、株式会社ケーメックス株式会社ケツト科学研究所、株式会社ケミカル山本、ケルヒャージャパン株式会社、株式会社光研、興研エンジニアリング株式会社、抗酸化食品インダストリアル株式会社、弘進ゴム株式会社、株式会社光伸舎、エフコン株式会社、株式会社垣内、兼松エンジニアリング株式会社、コアテック株式会社、有限会社サンワールド川村、美津和産業株式会社、株式会社神戸製鋼所、有限会社光陽機械製作所、株式会社コーレンス、ピーピーエムテクノロジース、エンウェーブコーポレーション、コーンズテクノロジー株式会社、古賀産業株式会社、コジマ技研工業株式会社、コトヒラ工業株式会社、株式会社コバード、コフロック株式会社、コマジャパン株式会社、株式会社コマック、株式会社コマツ製作所、小嶺機械株式会社、株式会社コンテックフォーユー、サイエナジー株式会社、株式会社幸書房、蔵王産業株式会社、株式会社坂井機械製作所、株式会社サタケ、株式会社佐藤計量器製作所、株式会社サトー、株式会社サニクリーン、さぬき麺機株式会社、サマック株式会社、株式会社サミー、株式会社サムソン、三旺合資会社、株式会社三協、三共空調株式会社、株式会社サンクレエ、三光機械株式会社、三幸機械株式会社、株式会社三光製作所、株式会社サンシン、株式会社サンステーションシステムズ、株式会社サン精機、株式会社サンテツ技研、サンフード機販株式会社、株式会社サンプラス、サンライズ株式会社、サン・プラント工業株式会社、株式会社サンペックスイスト、三宝産業株式会社、遠藤商事株式会社、三丸機械工業株式会社、株式会社マツボー、三友工業株式会社、三洋グラビア株式会社、山洋電気株式会社、三立機器株式会社、三和建設株式会社、三和厨理工業株式会社、三和ハイドロテック株式会社、株式会社シーガル、CKD株式会社、シービーエム株式会社、シール栄登株式会社、シール工業株式会社、ジェイピーネクスト株式会社、株式会社ジェー.ピー.イー.、株式会社ジェピック、静岡製機株式会社、株式会社システムスクエア、株式会社七洋製作所、株式会社品川工業所、シブヤマシナリー株式会社、シブヤ精機株式会社、清水建設株式会社、株式会社ジャーマンサービス、株式会社ジャパンエコテック、株式会社ジャパンシステム、株式会社ジャパン・パッケージ、株式会社シバタエンジニアリング、株式会社クリエイター9000横浜、ジャパンマシナリー株式会社、株式会社尚美堂、株式会社ショウワ、昭和フェニックス工業株式会社、株式会社食品施設計画研究所、株式会社シ-・エム・エス、株式会社キューケン、株式会社ユニフロー、日軽パネルシステム株式会社、ニッコクソフト株式会社、富士電機株式会社、スキューズ株式会社、イビケン株式会社、キッチンテクノ株式会社、ジョンソンボイラ株式会社、株式会社今林鉄工所、ジョンビーン・テクノロジー株式会社、シルバーソンニッポン株式会社、シロキコーポレーション株式会社、SINKPIA・JAPAN株式会社、NECフィールディング株式会社、シンセメック株式会社、新日本ウエックス株式会社、株式会社シンフォニージャパン、株式会社シンメイ、新洋技研工業株式会社、信和工業株式会社、株式会社ジーエス環境システム、スガツネ工業株式会社スギコ産業株式会社、杉山工業株式会社、株式会社スギヤス、有限会社スコットプランニング、スズキ機工株式会社、株式会社鈴木製作所、株式会社スズキ麺工、鈴茂器工株式会社、株式会社セハージャパン、鈴与工業株式会社、ストーブリ株式会社、ストラパック株式会社、スプレーイングシステムスジャパン株式会社、スペーシア株式会社、住商グローバル・ロジスティクス株式会社、住商モンブラン株式会社、スリーエムジャパン株式会社西華産業株式会社、成光産業株式会社、精電舎電子工業株式会社、西部技研株式会社、Secomea合同会社、ゼネラルパッカー株式会社、株式会社ソーキナカタ、株式会社三共技研、第一工業株式会社大一産業株式会社第一実業株式会社、日下部機械株式会社、大栄THA株式会社、株式会社タイガーカワシマ、株式会社タイキ、大紀産業株式会社、株式会社ダイケン、大成建設株式会社、大成ラミック株式会社、ダイドー株式会社、三機工業株式会社、シュマルツ株式会社、株式会社太陽、株式会社大洋アレスコ、大洋精機株式会社、株式会社高砂、多賀電気株式会社、株式会社タカハシ、株式会社タカミ、株式会社タカヤ、株式会社タカラ、滝川工業株式会社、タキゲン製造株式会社、匠技研株式会社、有限会社竹内食品機械、TakedaWorks株式会社、株式会社田崎製作所、株式会社タテックス、株式会社田中機工、谷沢菓機工業株式会社、株式会社玉ジロー、株式会社千葉工業所、中央設備エンジニアリング株式会社、株式会社中央理化、中興ベルト株式会社、千代田金属工業株式会社、株式会社ツカコム、ツカサ工業株式会社、有限会社塚本鑛吉商店、ツバキ山久チエイン株式会社、ツバコー関西株式会社、TMEHジャパン株式会社、DKSHジャパン株式会社、株式会社ティービーエム、ティエスケイテクノ株式会社、エム.ケイシステムズ株式会社、株式会社テイエルブイ、株式会社テイスティ、株式会社テクニカ、株式会社ヨネイ、テクノクラシー株式会社株式会社テスコムデュケインジャパン株式会社、株式会社寺岡精工、株式会社寺田製作所、テラダ・トレーディング株式会社、株式会社テラモト・エンジニアリング、株式会社デンソーウェーブ、テンチ産業株式会社、東亜交易株式会社、東亜工業株式会社、株式会社伸和食品、東海リザーブ株式会社、東京施設工業株式会社、株式会社東京自働機械製作所、東京食品機械株式会社、東製株式会社、東明テック株式会社、株式会社東陽機械製作所、東洋自動機株式会社、東洋スクリーン工業株式会社、東洋テクノ株式会社、東洋ハイテック株式会社、東洋リントフリー株式会社、トーエイ工業株式会社、トーステ株式会社、トーセー工業株式会社、株式会社トーヨー、株式会社トーヨーパッケン、横山鉄工株式会社、株式会社フクザワ・オーダー農機、ノブタ農機株式会社、株式会社徳尾商事、株式会社徳寿工作所、戸倉商事株式会社、トタニ技研工業株式会社、トック・エンジニアリング株式会社、株式会社トパック、株式会社トミタ、トムラソーティング株式会社、巴工業株式会社、有限会社豊工、株式会社トヨックス、株式会社ドリマックス、株式会社ナオミ、直本工業株式会社、中井機械工業株式会社、株式会社ナカキン、オーエヌ工業株式会社、株式会社長沢機械製作所、株式会社中西製作所、株式会社長沼製作所、長野計器株式会社、中村産業株式会社、株式会社中村製粉、ナカヤ工業株式会社、有限会社七島屋エンジニアリング、株式会社奈良機械製作所、ナラサキ産業株式会社、株式会社ヤスジマ、株式会社南海精工所、株式会社なんつね、株式会社ナンバ、株式会社ニクニ、株式会社西田、株式会社西村機械製作所、株式会社日伝、日仏商事株式会社、ニチモウ株式会社、大英技研株式会社、株式会社ビブン、ニチラク機械株式会社、ニチワ電機株式会社、ニッカ電測株式会社、株式会社ニッコー、日清エンジニアリング株式会社、日新加工株式会社、ニッタ株式会社、日東金属工業株式会社日東工器株式会社、ニップンエンジニアリング株式会社、日本アイリッヒ株式会社、日本製紙クレシア株式会社、日本ブッシュ株式会社、株式会社日本キャリア工業、株式会社平井カンパニー、日本計測システム株式会社、日本スタンダード株式会社、日本熱源システム株式会社、日本ハイコム株式会社、日本ハワード株式会社、株式会社日本ピスコ、株式会社日本プロトン、株式会社日本包装リース、日本ポリスター株式会社、株式会社ニューマインド、ニューロング株式会社、ノードソン株式会社、のむら産業株式会社、株式会社ノリタケカンパニーリミテド、株式会社ハーモテック、株式会社パイオニア風力機、株式会社サン・エンジニアリング、ハイテック株式会社、株式会社パウレック、ハクラ精機株式会社、橋田機工株式会社、パシフィック洋行株式会社、株式会社橋本クロス、ハスクバーナ・ゼノア株式会社、長谷川化学工業株式会社、株式会社ハセッパー技研、株式会社服部製作所、株式会社ハッピージャパン、株式会社ハナガタ、花木工業株式会社、株式会社花塚製作所、ハバジット日本株式会社、株式会社馬場鐵工所、高松機械工業株式会社、株式会社ハマネツ、原田産業株式会社、株式会社バルコム、ハンソー株式会社、バンドー化学株式会社、バンドー・I・C・S株式会社、株式会社バーテック、ピアブ・ジャパン、株式会社ピオニーコーポレ―ション、株式会社ヒガシモトキカイ、株式会社日阪製作所、マイクロゼロ株式会社、株式会社微酸研、株式会社日立産機システム、株式会社日立システムズ、株式会社日立情報通信エンジニアリング、株式会社日立ハイテクソリューションズ、株式会社日立プラントサービス、株式会社日立製作所、日立工機株式会社、ビデオジェット、株式会社ヒューエンス、ビューラー株式会社、ビュルケルトジャパン株式会社、株式会社平井カンパニー、平井精密工業株式会社、千葉精密プレス株式会社、株式会社平野製作所、株式会社平山製作所、株式会社PSS、株式会社ビーエム昌和、株式会社ピーエムティー、ビーピー・ジャパン株式会社、株式会社ファグ・コーポレーション、株式会社ファクシム、株式会社ファクトリー・クリーンシステム、ファナック株式会社、株式会社フィッシュカッターツネザワ商事、フィレスタ販売株式会社、フォルボ・ジークリング・ジャパン株式会社、福島工業株式会社、髙橋工業株式会社、株式会社省研、株式会社フクチ産業、株式会社フジ、株式会社フジイ機械製作所、富士インパルス株式会社、株式会社フジキカイ、株式会社フジキン、株式会社フジサワ・マルゼン、冨士島工機株式会社、株式会社不二商会、不二精機株式会社、株式会社冨士製作所、株式会社不二WPC、株式会社フジトク、株式会社フジパックシステム、株式会社フジマック、株式会社藤村工業、株式会社フジワラテクノアート、不双産業株式会社、友和産業株式会社、株式会社フタバ、伏虎金属工業株式会社、プライミクス株式会社、株式会社プラスワンテクノ、フリスタンポンプジャパン株式会社、古川機工株式会社、古河工業株式会社、株式会社古川製作所、株式会社ハイパック、株式会社シンワ機械、フルタ電機株式会社、プロセスシステム株式会社、株式会社粉研パウテックス、株式会社ブンシジャパン、兵神装備株式会社、株式会社ベストサニックス、ベルク工業有限会社、ホーコス株式会社、株式会社ホクエツ、ホシザキ株式会社、細田工業株式会社、株式会社ニュートラル、ボッシュパッケージングテクノロジー株式会社、本州リーム株式会社、株式会社兼松KGK、ライオンハイジーン株式会社、株式会社クレハトレーディング、本多交易株式会社、本間冬治工業株式会社、マイコック産業株式会社、株式会社マイセック、株式会社マウンテック、株式会社前川製作所、前澤化成工業株式会社、株式会社前田シェルサービス、マキー・エンジニアリング株式会社、槇野産業株式会社、正城機械株式会社、株式会社コトブキベーキングマシン、マサミ産業株式会社、増幸産業株式会社、株式会社マスターマインド、株式会社マスダック、株式会社マゼラー、マックス株式会社、松田機械工業株式会社、株式会社松山丸三、マトヤ技研工業株式会社、株式会社マブチ・エスアンドティー、丸井工業株式会社、株式会社丸善、キャネロン化工株式会社、株式会社丸善化工、マルヤス機械株式会社、三浦工業株式会社、三木プーリ株式会社、三鈴工機株式会社、三鈴工業株式会社、株式会社三橋製作所、三菱重工冷熱株式会社、三菱電機株式会社、三菱電機冷熱プラント株式会社、三ツ星ベルト株式会社、ミドリ安全株式会社、ミネベアミツミ株式会社、株式会社ミヤワキ、株式会社ミューチュアル、株式会社ミラック光学、武蔵エンジニアリング株式会社、武蔵オイルシール工業株式会社、株式会社武蔵商会、株式会社ムラコシ、株式会社メイキコウ、明治機械株式会社、株式会社柳原製粉機、株式会社メイワ、株式会社メカナイズ、株式会社モキ製作所、森川フードマシン株式会社、株式会社モレーンコーポレーション、株式会社八木厨房機器製作所、矢崎化工株式会社、八洲貿易株式会社、株式会社安川電機、ヤスダファインテ株式会社、株式会社ヤナギヤ、山崎産業株式会社株式会社山田製作所大和製衡株式会社、株式会社大和製作所、株式会社山本製作所、山本ビニター株式会社、株式会社ユーキ、株式会社豊製作所、ユニコントロールズ株式会社、ユニテール株式会社、ユニテクノロジー株式会社株式会社ユニバック、ユニバーサル工業株式会社、ユニバーサルロボット、株式会社ユニフィードエンジニアリング、Unifiller Japan株式会社、株式会社ユメールMJP、株式会社ウッドソン、有限会社イオン技研、株式会社横崎製作所、株式会社横田製作所、株式会社横浜自働機、横浜油脂工業株式会社、若林工業株式会社、吉泉産業株式会社、株式会社ヨシダキカイ、株式会社ヨシタケ、株式会社吉野、米田工機株式会社、ライオンハイジーン株式会社、株式会社ラスカム、株式会社ラディクス、株式会社ランカー、株式会社ランズワーク、理化工業株式会社、有限会社リッケン、朝日加工株式会社、株式会社マルティーポンプコンサルタント、株式会社サーモ・テック、菱熱工業株式会社、株式会社菱豊フリーズシステムズ、リングトレーディング株式会社、株式会社ルーツ機械研究所、きた産業株式会社、ルーツ貿易株式会社、ルブテック株式会社、レオン自動機株式会社、株式会社レッドアンドイエロー、株式会社ローゼック、株式会社ロボテックユニパルス株式会社、株式会社ワークソリューション、株式会社ワールド精機、株式会社ワコウ、渡辺精機株式会社、ワタナベフーマック株式会社、株式会社フーマワタナベ、株式会社小野食品機械、株式会社秋山機械、株式会社和田フードテック、公益財団法人とかち財団、高知県産業振興センター、日本環境科学研究所、日本施設株式会社、日本製パン製菓機械工業会、日本粉体工業技術協会、日本包装機械工業会、日本ロボット工業会 (JARA)、北海道中小企業総合支援センター、Watson-Marlow株式会社、河北晓进机械制造、杭州佑天元包装機械、諸城市友邦工貿、ロッシュ包装機械、ウインクレル株式会社、ザイデルマン、パティン、エスピーエックス フローテクノロジー コペンハーゲン、キーエンス、インソート、ヴァルターヴェルクキール、レブテック プロセス システムズ、エムエルテー、チョコマジャパン株式会社、D&D ELECTRONICS、UNI TKS株式会社、ニレコ、エフ・イー、株式会社ソーエー、ニッセイ、日本TNA株式会社、FSP株式会社、マルゼン、PENTAIR SÜDMO、ホーコス株式会社、ASCe、MICROTECH、株式会社電費半分、RAYTEC VISION、

「FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展」今回の見どころは? FOOMA JAPAN 2018 国際食品工業展 2018 International Food Machinery & Technology Exhibitionの見どころをまとめた取材レポートです!

ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。