ものづくりニュース by aperza

EEPROM内蔵のDAC、電源オフ時も設定保持が可能に ([EDN J...

2016/10/31 IT media

EEPROM内蔵のDAC、電源オフ時も設定保持が可能に ([EDN Japan])

 マイクロチップ・テクノロジーは2015年12月、低消費電力のD/Aコンバータ(DAC)「MCP48FXBXX」ファミリを発表した。産業機器や車載市場において、セットポイント/オフセットトリミング、センサー校正、計装、モーター制御などの用途に対応する。

電源オフ時もDACの設定保持が可能

 MCP48FXBXXファミリは、独自の組み合わせで、多くの機能を統合している。同製品を使用することで、設計者は設計労力や消費電力、コストを低減できる。EEPROMを内蔵した「MCP48FEBXX」ファミリ6製品は、電源オフ時もDACの設定保持が可能。電源投入時にDAC設定を復元することで、マイクロコントローラのオーバーヘッドを軽減した。

 また、各種シャットダウンモードを搭載し、デバイスの消費電流を低減できる。DNL(Differential Non-Linearity:微分非直線性)誤差とINL(Integral Non-Linearity:積分非直線性)誤差が小さいため、単調性と直線性に優れるという。

D/Aコンバータ「MCP48FXBXX」ファミリ

 MCP48FXBXXファミリは、分解能8/10/12ビット、チャネル数1または2をそろえ、いずれもSPIシリアルインタフェースを内蔵している。パッケージは10ピンMSOPパッケージで、既に量産出荷を開始している。


エレクトロニクス技術を活用した設計・開発手法および製品動向を解説する技術情報メディアです。エンジニアの経験がある編集スタッフに加えて、設計・開発の第一線で活躍中のメーカーのエンジニアが、最新のエレクトロニクス技術・製品を活用するための手法などを詳しく解説します。さらに新製品に関するニュースのほか、アナログ設計やノイズ対策といったエンジニアの関心が高いテーマを題材にしたコラムも随時掲載しています。エレクトロニクス関連製品の設計・開発にたずさわるエンジニアにとっては、日々の業務に不可欠な情報源です。 http://ednjapan.com/