ものづくりニュース by aperza

「Code93」とは

「Code93」とは

Code93とは

Code93とは、1982年にインターメック社が開発した英数字が使用できる高密度バーコードである。Code93の名称は、1キャラクタが9モジュールで構成され、そのうち3本がバーにであることに由来している。USS-CODE93として規格化されている。

Code93は、Code39の43キャラクタ以外に4種のシフトキャラクタを持っている。これらと文字キャラクタを組み合わせてフルアスキー128キャラクタを表現できる。また、Code93は、高密度であるため、チェックキャラクタを2個持っている。

Code933

特長

  • キャラクタ セットは、ASCII 128文字すべてを表現できますが、数字(0から9)、記号(-、.、スペース、$、/、+、%)、英字(AからZ)と4種類のシフト コードの組み合わせで表します。
  • シンボルキャラクタは、9モジュールで、バーで始まる3本のバーと3本のスペースで構成されている多値幅型(n,k型)シンボルで、キャラクタ間にスペースが入らない連続型です。
  • スタート コードは“111141”、ストップ コードは“1111411”です。
  • 自己チェック機能はありません。
  • チェックデジットは、モジュロ47による2シンボル キャラクタを使用します。

寸法

  • モジュール幅(X)はUSS-CODE93の規格によると0.191mmです。
  • クワイエットゾーンの最小値は、10Xまたは2.54mmの大きいほうの値で、手動走査の場合は6.35mm以上が好ましいとされています。
  • モジュールの高さの最小値は、5mmまたはシンボル全長の15%の大きい値です。

 

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。