ものづくりニュース by aperza

株式会社FAプロダクツ

FAプロダクツは 「もっと×3『Smart』に」をビジョンとして掲げ、Smart Factory 実現にむけたシステムコンサル、機器の販売、ロボットエンジを主軸に事業展開をしております。
昨今注目されているSmart Factory化はどの企業でも重要課題となっていますが、既存システムのしがらみや費用対効果の面から導入がなかなか進んでいないのが実情です。
FAプロダクツは、このようなお客様の状況をヒアリングし、優先課題を特定した上で、スモールスタートから実現できるプランをご提案します。 http://fa-products.jp/

ある日、会社の経営層から、とにかくこれからIoT関連技術に投資をするから生産現場をもっと見える化しろ、インテリジェント化しろと大号令が掛けられたりします。 グローバルに企業展開するから、技術者は世界を意識して仕事をするよ...

ミャンマーは軍事政権から民主化されて、ここ数年で急速に注目を浴びています。かつてはビルマと呼ばれ日本とも縁が深い国です。 歴史的に身近に感じるだけでなく近年「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるまでに経済成長が有望視され...

スマートファクトリー化の課題 スマートファクトリー化が進まない最も大きな理由は、投資対効果が算定しにくく投資の妥当性を判断しずらいことです。効果がでるまでに時間がかかったり、効果が何かを深く考えられていないために投資対効...

生産準備期間にすること 全くの新規製品、またはモデルチェンジをした既存製品を市場に出すときは、戦略的に時期を遅らせるという例外を除き、待ったなしで量産開始をしなくてはなりません。 この期間は、定まった工法等に基づき工程設...

シミュレーションを実行する価値 未来を予測する。それが当たるというメリットは計り知れません。 良い結果が得られれば、それを実現するためのアクションを積極的に取ることができます。また、悪い結果であれば、それを改善するために...

定量的に予測することの大切さ 前回は待ち行列理論について簡単に説明しました。 サービスを受けたい人の単位時間当たり到着量と待ち関係は直線的な比例関係ではありません。つまり流入量が20%増えたから20%の待ち時間になるとは...

日本商工会議所は1月31日、昨年初めて実施した中小企業の省エネ対策などの実態調査について速報を発表し、この速報をもとに、経済産業省と連携し取組みを促進させるアプローチ策の提言を行いました。 結果は、「投資を伴わない取組み...

直感とは異なるリードタイムの増減予測 人というのは、予測を立てるとき直線的、直感的になります。その直感は必ずしも現実と合致しないケースがあります。 製造業では20%の生産増になれば、リードタイムは20%増える。サービス業...

そもそも予知保全とは? 予知保全とはそのままズバリ「壊れる前に察して直す」ことです。 経験を積んだエンジニアは、機械の調子が悪いことを「察する」ことができるため、壊れる前に部品交換やメンテナンスなどを行い、設備停止時間を...

予知保全って何? 「予知保全」はその名の通り、壊れるのを「予知」して保全します。予防保全も壊れる前に保全しますが、大きな違いは保全のタイミング。 予防保全はメーカーや自身の経験から「ここまで使ったら壊れる可能性がある」と...

「なぜ」は絶対使ってはいけないNGワード 部下や後輩の営業目標が未達成だった場合、彼らに対し、 「なぜ」目標金額が未達成だったんだ? 「なぜ」商談が足りないんだ? 「なぜ」見積もりが少ないんだ? 「なぜ」訪問できないんだ...

地上設置型の発電所に限界を感じていらっしゃる方に、幸先の明るいお話です! FITの買取価格が低下していく中でも、相対的に事業性を維持しやすい、『屋根上を活用した太陽光発電所』について調べてみました!   地上設...

1 / 212