CAC、ウォークスルー型の個人別体表温測定ソリューションを提供開始

CAC、ウォークスルー型の個人別体表温測定ソリューションを提供開始

株式会社シーエーシーは、顔認識AIとサーモグラフィカメラ、および自社開発のアプリケーションを組み合せ、カメラの前で立ち止まることなく、個々人の平均体表温に応じた体表温スクリーニングを実現するソリューションを2021年2月1日から提供開始した。
製造業や物流業、建設業など安全や品質、セキュリティが特に重視される業種に適しており、またオフィスや病院などでの活用も想定されている。

CAC、ウォークスルー型の個人別体表温測定ソリューションを提供開始

体表温スクリーニングにおける課題

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止策として「発熱者の特定」が重視され、様々な現場で日々の検温作業が行われている。非接触で離れた場所から安全に測定可能なため、サーモグラフィカメラも多く使用されているが、一般的な異常体表温スクリーニングには、次のような課題がある。

  • 検温のため立ち止まることによる入館時等の待ち行列の発生
  • 個々人で健常時の体表温が異なるにもかかわらず、全員一律の基準値で行うスクリーニングの有効性への疑問
  • 体表温スクリーニング実施のための人員配置や、個々人での体表温記録などの業務負荷

CACの体表温スクリーニングの特長

CACの体表温スクリーニングは上記の課題を解決し、より適切な体表温スクリーニングを実現すべく開発され、次のような特長を備えている。

立ち止まることなくスムーズな測定が可能

  • 顔認識機能により顔をトラッキングしながら体表温を測定しているため、対象者は立ち止まることなく体表温を測定することが可能

個々人の体表温を測定することが可能

  • 高精度なAI顔認識エンジンFaceMe®の利用により、個々人を識別して体表温を測定することが可能。また、マスクをした対象も高い精度で認識可能

個々人の平均体表温から異常を判定することで、適切な体表温スクリーニングを実現

  • 過去一定期間に測定された個々人の体表温から平均体表温を算出し、個人ごとに異なる基準の体表温に応じた適切な異常判定を実現

周囲の気温に応じた精度の高い体表温測定を実現

  • 世界トップシェアの赤外線カメラメーカー・フリアーシステムズ(FLIR Systems)のサーモグラフィカメラによる高精度な体表温測定
  • 顔の額だけを捉えた体表温の測定、周囲の気温に応じた体表温の補正により、高精度なスクリーニングを実現

異常体表温検出時のアラート、管理機能の充実

  • 異常検知の際は、画面上での表示や警告音、メールによる管理者への通知が可能
  • 過去の測定結果をWeb画面で閲覧可能。一覧の照会や、期間などによる照会範囲の絞り込み機能により追跡も容易に実施可能
  • Excel出力によるレポート作成可能
CAC、ウォークスルー型の個人別体表温測定ソリューションを提供開始

サーモグラフィカメラとシステム構成について

本ソリューションは、当社アプリケーション、PC、Webカメラ、フリアーシステムズのサーモグラフィカメラで構成される。すでにフリアーシステムズのサーモグラフィカメラがある場合は、そのカメラを活用して体表温測定が可能(※)。

システム構成はスタンドアロンでの利用に加え、ネットワークを構築して、統合的にユーザー情報や測定履歴を管理することができる。そのため複数拠点への導入、その後の管理も容易。

CAC、ウォークスルー型の個人別体表温測定ソリューションを提供開始

※Atlas SDK(フリアーシステムズが提供している温度情報などを取得するためのSDK)の利用が前提となるため、カメラ機種によっては別途購入が必要になる。

今後の展開

本ソリューションの特長である高精度なスクリーニングと、測定結果の自動保存やアラート等の機能は、製造業や物流業、建設業など安全や品質、セキュリティが特に重視される業種に適する。また、立ち止まらずにスムーズな体表温スクリーニングが可能なため、多数の従業員が働くオフィスや工場を持つ、多様な業種の顧客への提供も視野に入れて販売活動を展開していくとのこと。


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。