オートメーション新聞編集部 Ambassador

工場の自動化やFA・制御の専門紙として40年。ものづくりを全力で応援するオートメーション新聞編集部です。

日本電気制御機器工業会(NECA)は、電気制御機器の2017年度出荷統計を発表した。出荷総額は7386億円で初の7000億円超えとなり、これまでの最高出荷額だった14年度を上回る結果となった。 前年比は751億円増(11...

富士経済は、FAロボットの需要の急増に伴い、ロボットの重要な構成部品である減速機の世界市場を調査、見通しをまとめた。 人手不足や製品品質の安定化などを目的に自動化のニーズは増加を続け、FAロボットの需要は急増している。そ...

日本ロボット工業会(JARA)は、2018年1〜3月期のロボット統計 受注・生産・出荷実績(会員ベース32社、サービスロボット対象外)を発表した。 17年の年間の集計結果は、国内出荷額が前年比10.6%増と堅調に加え、輸...

ガートナーが発表した日本企業のIoTへの取り組み調査結果によると、企業はIoTが大きな変革をもたらすと期待する一方、経営者のIoTへの理解、変革への決断、IoTを推進する人材、テクノロジの成熟度などに懸念を抱いているとい...

ガートナーは、ブロックチェーンへの取り組み状況の調査結果を発表した。 ブロックチェーンは、低コストで信頼性の高いやり取りを可能にしようとする点で、AIやIoT、先進的なアナリティクスなどのデジタル・ビジネスの実現に向けた...

電子情報技術産業協会(JEITA)は、2018年1月の電子部品グローバル出荷額は3604億円、前年比15.2%となり、前年比プラスとなったことを発表した。 品目別出荷は、コンデンサや抵抗器、トランスなどの受動部品が134...

日本半導体製造装置協会(SEAJ)は、2017年の世界半導体製造装置販売額が前年比37%増の566億ドルと発表した。 地域別では、179億5000万ドルの韓国がトップとなり、前年比133%の記録的な伸びとなった。昨年首位...

日本工作機械工業会(JMTBA)は、2018年2月分の工作機械の受注確報を発表。受注総額は1551億9400万円で前年同月比39.5%増となり、16年12月以降15カ月連続の増加となった。 機械製造業の内訳は、一般機械が...

SEMIは、中国のICパッケージングおよびテスト産業が、政府の大型投資を原動力に2017年に290億ドルの収益を上げ、パッケージング装置および材料の世界最大市場になったと発表した。 17年7月から18年1月にかけて実施さ...

日本電機工業会(JEMA)は、2018年2月度の産業用汎用電気機器の出荷実績は775億円(前年同月比8.1%)、16カ月連続の前年同月比増加と発表した。 アジアの設備投資、特に中国が活況であり、輸出・国内出荷ともに好調な...

日本電機工業会(JEMA)は、2018年2月度の産業用汎用電気機器の出荷実績は775億円(前年同月比8.1%)、16カ月連続の前年同月比増加と発表した。アジアの設備投資、特に中国が活況であり、輸出・国内出荷ともに好調な動...

SEMIは、最新のWorld Fab Forecastレポートに基づき、半導体前工程ファブの装置投資額が2019年に5%増加し、異例の4年連続成長となることを発表した。18年および19年の成長は、中国が牽引することが予測...

6 / 7<<...34567