ASPINA、電動3爪ロボットハンドの新製品『ARH350A』を販売開...

ASPINA、電動3爪ロボットハンドの新製品『ARH350A』を販売開始 既存モデルの約10倍の把持力

シナノケンシ株式会社のコーポレートブランドASPINAは、2021年1月7日、把持力を既存モデルの約10倍に強めた50Nモデルの電動3爪ロボットハンド『ARH350A』を販売開始した。「いろんなものに、ちょうどいい」把持機能を活かしながら、対応できる重量の面で、把持力50N、最大つかみ把持重量3,000g、最大つまみ把持重量500gを実現している。

ASPINA、電動3爪ロボットハンドの新製品『ARH350A』を販売開始 既存モデルの約10倍の把持力 ASPINA、電動3爪ロボットハンドの新製品『ARH350A』を販売開始 既存モデルの約10倍の把持力

電動ロボットハンド『ARH350A』の特長

1. 異形物や柔らかいものの把持

同シリーズは、ステッピングモータを用いたサーボシステムを持つため、柔・硬に合わせて把持力を調整できるだけでなく、動作速度や開閉位置等も制御可能。また、大きなストローク(最大開口径)を活かして、把持する対象物の形質やサイズに合わせて、最適の動作パターンを選ぶことができる。さらに、コンパクトな外径のため、ロボット動作の自由度を広げる。
今回の『ARH350A』では、把持力50N、最大つかみ把持重量3,000g、最大つまみ把持重量500gを実現した。これは、昨年発表された電動3爪ロボットハンドの精密把持モデル、『ARH305A』の10倍の把持力を持つ。またストローク(最大開口径)も『ARH305A』より大きい。停電等の場合も、ブレーキ機能によって対象物(ワーク)を機械的に保持する。

2. 中空構造による付加価値提案

ロボットハンドの中央部が中空構造となっているため、カメラによってワークを常に視界にとらえる、ライトによる外部ビジョンシステムのサポート、エアーによる把持力向上や簡易エアブローの役割など、ユーザーへの提案に多くの可能性を持っている。
また『ARH350A』では、重量対応に加えて、既存機種と同様に、中空部分からのエアー吸着、ライトやカメラ、レーザーなどとの組合せで、対象物(ワーク)や作業内容に可能性を広げることができる。

3. モータ・コントローラの一体化と交換可能な爪

モータ・コントローラの一体化によって小型化するだけでなく、3爪を交換できる構造になっている。爪はユーザーが専用の用途にあったものを準備するケースが多いが、さまざまなシチュエーションでの使用を可能にするため、爪の交換が容易になっている。
『ARH350A』では、ユーザーが対象物(ワーク)や作業内容に合わせた爪や周辺オプションを作成でき、自由に爪の取り換えや周辺オプションの脱着が可能(3つの取付け座面あり)。別売りアタッチメントにより各社ロボットにも対応可能になる予定。

ASPINA、電動3爪ロボットハンドの新製品『ARH350A』を販売開始 既存モデルの約10倍の把持力 ASPINA、電動3爪ロボットハンドの新製品『ARH350A』を販売開始 既存モデルの約10倍の把持力

『ARH350A』の期待

『ARH350A』は、おもに金属加工や精密部品組立、食品・化粧品・医薬品や物流分野などで、ひとつのハンドでさまざまなものをつかむ・把持することを目指している。今回の新製品投入によるラインナップの拡充で、把持できるものの種類と幅がさらに広がることが期待される。

ASPINAロボティクスの製品展開

ASPINA(ALビジネスユニット)では、「自動化」「省人化」「軽労化」に向けて開拓余地の多いロボティクス分野で、ロボットハンド以外にも製品展開を進めている。
まず、センシング部分のセンサー用(LiDAR用)モータはすでに量産されている。またアーム&エフェクタ部分では、代表的なエフェクタであるロボットハンドはすでに量産展開中だが、現在、アームの関節部分などの動きを制御する各種関節用モータの開発を進めている。また、搬送部分の車輪駆動用モータの開発にも注力している。ALビジネスユニットを中心に、広くロボティクス分野での総合的な価値提案を進めるべく、多方面のロボット開発・活用分野における「動きや制御についての課題」に今後も取り組む。

ASPINA、電動3爪ロボットハンドの新製品『ARH350A』を販売開始 既存モデルの約10倍の把持力

『ARH350A』のおもな仕様

  • 最大開口径(標準爪):φ143㎜
  • 把持力:50N
  • 最大つかみ把持重量:3,000g
  • 最大つまみ把持重量:500g
  • 開閉速度(最大ストローク時):0.8~10秒
  • 最大フィンガ長:100mm
  • サイズ:φ60×15mm
  • 重量:640g

ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。