ものづくりニュース by aperza

Alteraから「Intel FPGA」に向けて積極投資 (竹本達哉,...

Alteraから「Intel FPGA」に向けて積極投資 (竹本達哉,[EE Times Japan])

「FPGA業界を変革する」

 Intel(インテル)は2016年8月30日、東京都内でFPGA事業に関する記者向け説明会を開催し、次世代FPGA製品の開発方針などを明らかにした。



Vince Hu氏

 Intelは2015年12月にFPGA大手のAltera(アルテラ)を167億米ドルで買収。Aletraを母体に事業本部「プログラマブル・ソリューション・グループ」(以下、PSG)を設立し、FPGA事業を展開している。現在もAlteraブランドを継続しているものの「将来的には、Alteraブランドはなくなり、“Intel FPGA”になる」(PSG Vice Presidentを務めるVince Hu氏)とし、あくまでIntelのFPGA事業としてビジネスを展開していく方針だ。

 ただ、製品開発や営業サポートなど事業全般については、これまでのAlteraの事業方針を基本的には踏襲する。その上で、世界最大の半導体メーカーであるIntelの経営資源を生かして「FPGAのイノベーションを加速させるなどし、FPGA業界を変革する」(Hu氏)という。

 製品ブランド名については「Stratix、Arria、Cyclone、Maxなどのブランド名を、これまで通り使用する」(Hu氏)。製品開発計画も「買収後も、大きく変更していない」とし、Intelの14nmプロセス製造ラインで生産するハイエンドFPGA「Stratix 10」は、2016年10〜12月から出荷する計画。「Stratix 10の出荷で、より“Intel FPGA”の認知が高まるだろう」とし、Intelの工場を初めて使用するFPGA製品であるStratix 10とともに、“AlteraのFPGA”が本格的に“IntelのFPGA”へと移り変わっていく見込みだ。

次世代はハイ/ミドルエンドともにIntel 10nmプロセス採用へ

 Hu氏は、Stratix 10などの「第10世代」の後継に相当する次世代FPGAの開発ロードマップも提示。次世代FPGAは、現行のStratixに相当するハイエンド、Arriaに相当するミドルレンジ、Cycloneに相当するローエンドの3つの製品群で構成し、買収前のAlteraが提示していたロードマップと変わらない。

 ただ、開発コード名は、ハイエンド製品群が「Sequoia」から「Falcon Mesa(HE)」に、ミドルレンジ製品群が「Oak」から「Falcon Mesa(MR)」に、ローエンド製品群が「Ceder」から「Harrisville」にそれぞれ改称。また、採用プロセスも当初、ミドルレンジのOakではIntelの14nmプロセス技術を採用する方針だったが「マイナーチェンジして、ハイエンドと同じ、Intel 10nmプロセス技術を採用することにした」とする。なお、ローエンドのHarrisvilleは、Intel 22nmプロセス技術を使う。これら次世代FPGAの出荷時期についてHu氏は明かさなかったが「既に開発には着手している」と語った。

 次世代FPGAロードマップに、これまでAlteraの製造パートナーだったTSMCの名はないが「TSMCは、Altera、Intel双方にとって重要なパートナー。関係性はこれまでと変わらない」と強調。また、TSMCの55nm フラッシュ混載プロセス技術を採用するMax 10の後継世代については「Maxの製品開発サイクルは(Stratixなどよりも)長く、5〜10年と考えており、短期的な開発ロードマップには含まれていないだけ」とした。

FPGAは「Intelの成功を実現する上で、重要な要素」

 IntelにおけるFPGA事業の位置付けについてHu氏は「Intelの成功を実現する上で、重要な要素」と言い切る。「Intelは成長に向けて、IoT(モノのインターネット)デバイスとクラウド/データセンターがつながり、その間を行き来するデータ量が増大し、より大きなデータ処理能力が必要になるという戦略的サイクルを描いている。その戦略サイクルに、CPUやメモリ製品とともに、FPGAが必要とされている。FPGAの持つフレキシビリティ、超並列性、電力効率の高さなどの特長がCPUのボトルネックを解消する。FPGAがIntelの成長を支援する」と語る。



左=Intelが描く成長に向けた戦略的サイクルのイメージ / 右=IoT、クラウド/データセンター、ネットワークと、戦略的サイクルのあらゆる部分でFPGAが必要とされていると強調した 出典:日本アルテラ

ツールもシームレスに

 成長ドライバーの1つとして位置付けるFPGA事業に対し、Intelは既に積極的な投資を実施している。Hu氏は「具体的な額は明かせないが、研究開発費も増やし、数百人規模でエンジニアも増員している」と語る。また、統合を生かした開発にも着手。FPGA単体製品の開発加速だけでなく、CPUとFPGAを同一パッケージや同一ダイに統合した製品の開発に着手し、開発ツールでも「CPUとシームレスなツールも将来、提供できるだろう」(Hu氏)としている。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/