ものづくりニュース by aperza

3Dプリンタをインターネットから監視できるIoTデバイスを発表 ([M...

2016/11/1 IT media

3Dプリンタをインターネットから監視できるIoTデバイスを発表 ([MONOist])

 ミリメーターは2016年8月30日、3Dプリンタをインターネット経由で監視可能にするIoT(モノのインターネット)デバイス「3DプリンターIoTキット」を発表した。同年12月より、販売を開始する。

 同キットは、「RepRap」プロジェクトのオープンソースを利用して開発した3Dプリンタを、インターネットに直接接続できるようにする製品だ。ネットワーク経由で印刷状況などを把握できるため、監視コストを削減し、生産効率を高めることができるという。

 ネットワークからの3Dファイル(gcode)のアップロード・印刷のほか、ホットエンド/ヒートベッド温度設定、タイムラプス映像作成、USBカメラによるリアルタイム中継、出力中gcodeのヘッド軌跡リアルタイム描画などの機能を備えている。

 さらに、同社が独自に組み込む機能として、独自のgcodeスクリプトによるフィラメント交換の指示出し、印刷コスト計算、印刷状況のパーセント表示(液晶搭載の3Dプリンタのみ)、現在出力中高さ表示、コミュニケーションツール「slack」へのメッセージ連携、各種Iotサービスに連携できるMQTT連携なども提供する。

 価格は3万円(税別)の予定。同社では今後、3Dプリンタのオプションとして購入できるように、準備を進めるとしている。






ネットワーク経由で3Dプリンタの挙動を監視する様子




印刷状況をクラウドサービス「slack」に連携させた様子


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/