ものづくりニュース by aperza

3ch同時受信可能なスマートキー向けRFチップ ([EDN Japan...

2016/10/31 IT media

3ch同時受信可能なスマートキー向けRFチップ ([EDN Japan])

数百メートルで双方向通信可能

 NXPセミコンダクターズは2015年9月、セキュアなカーアクセスと車両管理向けの高性能トランシーバ/レシーバ「Mantra RFファミリ」を発表した。数百メートルの距離でキーフォブと車間の双方向通信を可能にする、長距離2ウェイRFリンクを提供するという。

 Mantra RFファミリは、ミドルエンドからハイエンドの車のアクセス機能向けに開発されたRFチップファミリとなる。高い感度とブロック性能を備え、電波妨害に対する堅牢性とスムーズな信号受信を可能にしている。1つのICで、315、345、426、434、447、868、915、950MHzの周波数に対応し、最大3チャネルまで同時並行受信ができる。また、2つのRF入力により、シーケンシャル・アンテナ・ダイバーシティを可能にした。

 タイヤ空気圧の監視、クルマの診断/管理など、さまざまなレシーバユニットのカーアクセスモジュールへの集積が可能。これにより、全般的なシステムコストを低減するという。また、強力なセキュリティ/認証機能により、無許可のアクセスを防止できる。

高性能トランシーバ/レシーバ「Mantra RFファミリ」のイメージ

 同社では、Mantraを採用したクルマのキーを使用すると、燃料、バッテリーレベル、最新のメンテナンスデータを遠隔で確認でき、ドアや窓の施錠確認、遠隔ロック操作、エンジンの始動、車内温度の事前設定なども可能になるとしている。


エレクトロニクス技術を活用した設計・開発手法および製品動向を解説する技術情報メディアです。エンジニアの経験がある編集スタッフに加えて、設計・開発の第一線で活躍中のメーカーのエンジニアが、最新のエレクトロニクス技術・製品を活用するための手法などを詳しく解説します。さらに新製品に関するニュースのほか、アナログ設計やノイズ対策といったエンジニアの関心が高いテーマを題材にしたコラムも随時掲載しています。エレクトロニクス関連製品の設計・開発にたずさわるエンジニアにとっては、日々の業務に不可欠な情報源です。 http://ednjapan.com/