3度目の正直?? やっと停電しました。

3度目の正直?? やっと停電しました。

※当コンテンツはCBC Laoの提供でお届けいたします。

ここ最近、停電のお知らせが来て、それからすぐにその停電がなくなるということが続いていました。

まず、8月15日の朝に、8月16日に停電になりますとお知らせがきました。

なんとお知らせの方法は、職員の携帯電話にWhatAppで朝の5時半で停電の文書を送付。

今だに電気局職員がどうやってそのその職員の電話番号を知ったのかは謎のままです。

そして、10時くらいに、停電がなくなると連絡がありました。

当初の予定されていた8月16日はラオス国立大学の入試の日で停電にできないためです。(CBC Laoはラオス国立大学の近くにあります。)

次に、8月20日の午後に8月22日に停電になるとお知らせがきました。

しかし、8月21日の昼くらいに、やはり停電はなしとの連絡が……

そして、最後に、8月31日に9月2日に停電のお知らせが来ると連絡が来て、9月2日にはこの通知の通り、停電しました。

9月2日はちょうど日曜日で縫製工場もお休みの日だったのでちょうど良かったです。

9月5日と6日に出荷を控えていたので、出荷日やその前日に停電になることだけは嫌だなと思っていたところ、ちょうど日曜が停電になったので縫製スケジュール上とても助かりました。

停電になる場合は、近くのCBC Laoと近くの銀行と学校だけのときもあれば、今回の停電のようにラオス国立大学が含まれているときもあります。

今回のように大学を含んで停電する場合には、大学だと平日にはさまざまな会議がどこかしらで開かれているので平日の停電は厳しかったのでしょうか。(CBC Laoは、ラオス国立大学の正門のすぐ近くにあります。)

今年は、世界銀行のプロジェクトかなにかでビエンチャン市内の電気のなにかがアップデートされているようです。

今回もCBC Laoのある周辺地域だけでなく、ビエンチャン市内で順番に停電になってなにか工事をしているようでした。

平日に停電になると縫製スケジュール上大変になる場合にもありますが、突然のアクシデントによる停電が減り、ラオスの電力事情が改善されるととても助かります。

 

出典:3度目の正直?? やっと停電しました。


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。