ものづくりニュース by aperza

2015年の世界ロボット販売台数24万8000台で過去最高!6年で4倍...

2015年の世界ロボット販売台数24万8000台で過去最高!6年で4倍に急成長

国際ロボット連盟(IFR)の調べによると、2015年の世界のロボット販売台数は24万8000台となった。14年の22万1000台にから12%増加し、これまでで最多。リーマンショック以降、世界的に自動化の大きな波が進んでおり、09年と比べると販売台数は約4倍に拡大。18年には世界の工場で230万台が稼働すると見られ、こちらも09年の100万台の2倍超。約6年でロボット市場は急成長を遂げている。

スクリーンショット 2016-06-27 12.18.52
世界ロボット販売台数推移 出典:IFR(国際ロボット連盟)

ヨーロッパ全体では、15年のロボットの販売台数は5万台。前年に比べて10%の伸び。国別ではドイツが2万台、イタリアが6700台、スペインが3800台となっている。
 アメリカ地域は同15%の伸びとなり、合計3万7000台を販売し、そのうちアメリカは同3%増の2万7000台となった。注目はメキシコ。前年の2倍となる5500台で、IFRではメキシコからアメリカ、南米へと輸出される自動車産業で多く導入されたと見ている。
アジアは最も成長著しい市場となっている。1年で15万6000台を販売し、同16%増となった。このうち6万8000台が中国市場。中国に続くのが韓国で、3万7000台。日本は3万5000台。

業界別では、以前から変わらず自動車業界がもっとも多くを占める。24万8000台のうち、9万5000台が自動車産業。ロボット導入が急激に進んでいる分野としては、金属産業(同63%増)、樹脂・ゴム産業(同40%増)、エレクトロニクス産業(同16%増)となっている。

スクリーンショット 2016-06-27 12.18.06
業界別ロボット販売台数 出典IFR(国際ロボット連盟)

 15年のロボット市場についてIFRのジェマ議長は「製造業におけるデジタル革命の波により、18年までロボットブームは続くだろう。IoTや新たなネットワークサービスが製造業を変えていくだろう」と分析している。

出典:国際ロボット連盟ホームページ


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。