18年1月電子部品グローバル出荷額は前年比15.2%増加

18年1月電子部品グローバル出荷額は前年比15.2%増加

電子情報技術産業協会(JEITA)は、2018年1月の電子部品グローバル出荷額は3604億円、前年比15.2%となり、前年比プラスとなったことを発表した。

品目別出荷は、コンデンサや抵抗器、トランスなどの受動部品が1340億円で同27.4%増、スイッチやコネクタなどの接続部品が919億円で同5.3%増、音響部品やセンサなどの変換部品が859億円で同16.3%増、電源部品や高周波部品などその他の電子部品が485億円で同4.7%増となった。

地域別出荷は、日本が880億円(同15.4%増)、米州352億円(同11.2%増)、欧州391億円(19.1%増)、中国1213億円(17.7%増)、アジア・その他が770億円(同11.2%増)となった。

出典:電子情報技術産業協会「電子部品グローバル出荷統計」


オートメーション新聞社の編集部が書き下ろす展示会のまとめ記事などのオリジナル記事を配信します。 オートメーション新聞Webはこちらから http://www.automation-news.jp/