ものづくりニュース by aperza

1秒〜194日を1秒単位で選択できるコンビニエンスタイマ ([EDN ...

2016/10/31 IT media

1秒〜194日を1秒単位で選択できるコンビニエンスタイマ ([EDN Japan])

 セイコーインスツルは2015年7月、低消費電流で相対時間の時間管理に適したCMOSタイマIC、コンビニエンスタイマ「S-35720」シリーズを販売すると発表した。

 S-35720シリーズは、アラーム時間をオプションにより1秒〜194日の範囲で1秒単位で選択できる。エンジン停止後等における各種システムスリープ期間中の時間管理に適した製品だ。

暗電流を200nAまで削減

 従来の方法で相対時間を計測する場合、マイコンのタイマ機能を常時動作させる必要があり、システムスリープ期間でも消費電流がmAオーダーとなっていた。S-35720シリーズは、それ自体で相対時間を計測できるため、システムスリープ期間中にマイコンを停止できて、暗電流を200nA(typ)まで削減できる。

 S-35720シリーズは、タイマ値とSET0端子、SET1端子に設定した値を比較し、値が一致したときに割り込み信号を出力する。ユーザーはSET0端子、SET1端子の設定に応じて、最大4種類の割り込み時間を選択可能。マイコン停止から指定時間後にアラーム割り込み信号を出力できる。

CMOSタイマIC、コンビニエンスタイマ「S-35720」シリーズ

 選択できるタイムアウト方式は、割り込み信号を繰り返し出力するワンショットループ方式、割り込み信号出力中に状態を保持するハンドシェイク方式、/RST信号によりINT出力レベルを反転させるトグル方式の3つ。タイムアウト方式をこの3つの中から選択できるため、柔軟な相対時間の管理が可能になった。

 高温動作125℃、3温度テスト(低温、常温、高温)実施により、自動車などの過酷な環境でも使用できる。動作温度範囲は−40〜+125℃保証。AEC-Q100とPPAPにも対応予定。小型の8ピンTMSOPパッケージで、環境に配慮した鉛フリー・ハロゲンフリーとなっている。


エレクトロニクス技術を活用した設計・開発手法および製品動向を解説する技術情報メディアです。エンジニアの経験がある編集スタッフに加えて、設計・開発の第一線で活躍中のメーカーのエンジニアが、最新のエレクトロニクス技術・製品を活用するための手法などを詳しく解説します。さらに新製品に関するニュースのほか、アナログ設計やノイズ対策といったエンジニアの関心が高いテーマを題材にしたコラムも随時掲載しています。エレクトロニクス関連製品の設計・開発にたずさわるエンジニアにとっては、日々の業務に不可欠な情報源です。 http://ednjapan.com/