ものづくりニュース by aperza

食肉標準物流バーコードとは

食肉標準物流バーコードとは

食肉標準物流バーコードは、海外で標準化されている食肉物流バーコードとの整合性を考慮して、GS1-128を使用している。

▼食肉標準物流バーコードラベルの例

スクリーンショット 2017-01-10 15.57.49

基本情報を表示した基本バーコードとそれを補助する補助バーコードで構成されており、個々の部位に表示する明細バーコードも用意されている。

基本バーコードの記載情報は、読取作業の負荷を軽減するためにバーコード1段で収まる情報に限定している。

具体的には商品コード、重量、製造年月日、カートンIDの4項目とし、これらは海外でも一般に使用されているものである。

 

商品コードは、メーカー名と商品名の情報で構成された14桁の食肉標準品名コードを使用する。

重量は、小数点以下2桁のキログラムを6桁で表示する。

製造年月日は、西暦年下2桁+月2桁+日2桁の合計6桁で表示する。

 

カートンIDは、EDIとの連携を図るための梱包番号であり、メーカーが設定する連続番号を12桁以下で表示する。

食肉標準物流バーコードを補助するために、ロット番号、枝肉番号・カット規格番号、固体識別番号(耳標番号)、カット規格番号による食肉補助バーコードを必要に応じて表示することができる。

ロット番号は、メーカーが設定する番号を20桁以下で表示する。

 

枝肉番号・カット規格番号は、UN/ECE標準規定による枝肉番号(Meat Carcasses)、またはカット規格番号(Cuts Classification)に従って、30桁以下で表示する。

個体識別番号は、独立行政法人家畜改良センターが付番する番号を10桁で表示する。

カット規格番号は、メーカーが独自に設定するカット規格等の番号で、30桁以下で表示する。

 

食肉補助バーコードの最大桁数は、アプリケーション識別子を含め最大45桁に制限されている。

明細バーコードは、個々の部位に表示するバーコードで、基本バーコードでカートンごとにバーコード表示する場合、個々の部位については製造年月日とカートンIDを省略し、商品コードと重量の表示にすることができる。

▼基本バーコードの表示項目

スクリーンショット 2017-01-10 15.58.33

▼補助バーコードの表示項目

スクリーンショット 2017-01-10 15.59.08

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。