ものづくりニュース by aperza

運転者のいない車の未来に待ち受けていることは何か?

運転者のいない車の未来に待ち受けていることは何か?

新しい自動車技術は、私たちと車との関係を変えつつあります。

また、シートベルトやエアバッグなど、多年にわたって役割を果たしてきた「パッシブ・セーフティ」システムに加えて、最近では新たな技術革新である、車線逸脱警報、駐車アシスト、アダプティブ・クルーズ制御、自動ブレーキ、Wi-Fiなどの「アクティブ・セーフティ」機能が導入されました。

これらの技術は、すでに多くの高級車に採用済みであり、現在は主力車種に導入されています。

 

自動運転車の次は何でしょうか?

オン・セミコンダクターのLance WilliamsとMouser ElectronicsスポークスマンであるGrant Imahara氏は、すでに路上を走行している半自動運転車、そしてV2V(車車間通信)とV2I(路車間通信)、環境への影響が少なくより安全で効率の良い車など、自動運転車の分野で登場している新たな開発事案について議論しました。

オン・セミコンダクターは、5200を超えるオートモーティブ認定デバイスを揃え、イメージング、電源管理、車載ネットワーキング、LED照明、パワートレイン、ボディ、アクティブ・セーフティ・ソリューションの専門知識を提供しています。

 

自動車の設計技術者やメーカが、コネクティッド・カーや無人車を実現する際の固有の課題を解決するために、オン・セミコンダクターが何を行っているか、このビデオをご覧ください。

出典:『運転者のいない車の未来に待ち受けていることは何か?』オン・セミコンダクター


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。