ものづくりニュース by aperza

連載小説『改善提案名人に挑戦!』第4話トリカエ作戦(1)なぞのヒント

連載小説『改善提案名人に挑戦!』第4話トリカエ作戦(1)なぞのヒント

※毎週金曜日更新
※目次とアーカイブはこちら

第4話 トリカエ作戦

(1)なぞのヒント

kaizen18

梅雨に入って、外は連日の雨。

そんなうっとおしい天気とは裏腹に、上杉君のラインは新風が吹き込んでいる。

木下君という若手が入ってきたのだ。実はここに来て急にお客さんからの注文が多くなり、上杉君のラインも一人分の工数不足ということで、資材課から出向してきたのである。

 

木下君は社内野球チームのピッチャーもやっているスポーツマンである。

また、時を同じくして竹中さんが隣のラインに移り、代わりに前田さんがメンバーに加わった。やはり、おとなしい竹中さんにとってクロちゃんの質問攻めは重荷だったようだ。

前田さんは竹中さんと同期の2年生。ショートカットでスラっと背の高い快活な女の子である。女子バスケットボールチームの選手なのだ。ニックネームはネネ。彼女ならクロちゃんとも気が合いそうだ。

 

新しいメンバーが加わって、上杉君ラインの改善提案大進撃は続く……。

「あ、課長。ちょっと待って下さい」

上杉君、早足でラインの横を通り過ぎようとしている織田課長に呼びかけた。

 

「やあ悪い悪い、この前の話の続きだろ?申し訳ない、ずっと出張だったんだ。わるい、いやほんとに申し訳ない。これからまた、お客さんのところに行かなければならないんだ。そうだな……しあさって、3日後には戻ってくるから、そのときに話そう。約束する」

と言って走り去ってしまった。

まいったな。これでは、いつまでたっても改善の基本その3を聞けないぞ。

 

ふーっとため息をついて窓の外を見る。よく降るよなぁ。頭の中までカビが生えそうだ。

視線をラインに移す。ナガラ作戦前の状態に戻したので、今はよどみなく品物が流れている。しかし、これがベストでないことはわかっている。

「あ、そうそう、上杉君のところのね、前田さん。彼女がヒントだね。じゃ、ほんとに申し訳ない。行って来まぁす」

 

再び、突然現れたかと思うと、ネクタイを直しながら一言残して、織田課長は出かけてしまった。

ネネちゃんか……。あっけらかんとして可愛い娘だ。彼女の何がヒントなんだろう?

(続く)

 

※毎週金曜日更新
※目次とアーカイブはこちら

出典:『改善提案名人に挑戦!-だれもがプロジェクトXだった-』面白狩り(おもしろがり)


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。