ものづくりニュース by aperza

連載小説『改善提案名人に挑戦!』第3話ナガラ作戦(1)夏の初めの間一髪

連載小説『改善提案名人に挑戦!』第3話ナガラ作戦(1)夏の初めの間一髪

※毎週金曜日更新
※目次とアーカイブはこちら

第3話 ナガラ作戦

(1)夏の初めの間一髪

kaizen13

もそもそ動く布団の中からにゅーっと手が伸びてきて、目覚し時計をつかみ、再び布団の中へ……。

ガバッと起き上がったのはわれらが上杉君である。

 

「あちゃー。寝過ごしたー」

 

急いで支度してアパートを飛び出た。

小さな缶コーヒーを手にしながら駅への道を走る走る。腕時計をちらっと確認して

「まいったなぁ」

 

誰もが一度は経験するお馴染みの光景だ。

どんなに厳しい状況でも努力はしてみるもの。なんとか始業の時刻には間に合った。

息を整えて職場に入る。ちょうど朝礼が始まるところだ。

 

「……というわけで、季節も良くなって気持ちがゆるみがちになりますから、くれぐれもけがをしないよう気を付けて下さい。では、今日も一日がんばりましょう」

 

ふぅ、ほんと、今日はもう少しで大けがをするところだったよ。それにしても本当にいい季節になってきたよなぁ。

今日生産予定の部品配膳を済ませて、窓の外を眺める上杉君。

初夏の明るい陽光の中で、グラウンドにところどころ咲いているタンポポの黄色がまぶしい。モンシロチョウが2匹ヒラヒラとくっついては離れ離れてはくっつき、あーのどかだなぁ……っと、いかんいかん仕事仕事!

 

「おい、今朝は間一髪だったなぁ」

 

織田課長がニヤニヤしながら声をかけてきた。

 

「あ、おはようございます。見てたんですかぁ、まいったなぁ」

「はっはっは・・・ところで、どうしたんだ、最近そのなんというか、あんまり提案が出てこないじゃないか」

「ええ・・・天候と同じで少々気がゆるみがちで・・・」

 

「そこでだ、そろそろ改善の基本その2を教えてあげよう」

「はあ、お願いします」

「うん、そのヒントは今朝の上杉君の行動にある」

「・・・・・・?」 

(続く)

 

※毎週金曜日更新
※目次とアーカイブはこちら

出典:『改善提案名人に挑戦!-だれもがプロジェクトXだった-』面白狩り(おもしろがり)


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。