ものづくりニュース by aperza

連続メダル獲得に向けて強い味方!?オムロンの卓球コーチロボットがギネス...

連続メダル獲得に向けて強い味方!?オムロンの卓球コーチロボットがギネス認定

2013年に誕生したオムロンの卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」が、「最初の卓球コーチロボット/First
robot table tennis tutor」として、ギネス世界記録に認定されました。

c0908

オムロンは “人の能力を引き出す” 技術を紹介するために2015年10月に「CEATECJAPAN 2015」にフォルフェウスを出展。2016年1月6日に「最初の卓球コーチロボット/First robot table tennis tutor」として、ギネス世界記録に認定されました。『ギネス世界記録 2017』では、台の上のセンサーが対戦相手の位置と球の動きを1秒間に80回計測、球の軌道を予測して打ち返し、球の到達点も映し出す」卓球コーチロボットとして紹介されました。

日本の卓球界は、先日のリオ五輪の男女メダル獲得でかつてないほどに盛り上がっています。男子は2大会、女子は3大会連続のメダル獲得に向けて、ギネスに認定された名コーチを日本代表に招いてみたらどうでしょう?なんてね。

※2033年の社会をつくる!フォルフェウス開発リーダーに迫る

※Pure Possibility

出典:卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」が 「最初の卓球コーチロボット/First robot table tennis tutor」としてギネス世界記録®に認定!
参考:卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」特設サイト


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ