ものづくりニュース by aperza

軽自動車と食い合う超小型EV、オーダーメードのデザインですみ分けを図れ...

2016/11/1 IT media

軽自動車と食い合う超小型EV、オーダーメードのデザインですみ分けを図れるか (齊藤由希,[MONOist])

 ホンダは、「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日、幕張メッセ)において、鳩サブレーの豊島屋や、プロダクトデザインを手掛けるカブクと共同製作した超小型EV(電気自動車)「マイクロコミューター豊島屋モデル」を出展した。ホンダの超小型EV「MC-β」をベース車両とし、和菓子を配送する豊島屋の業務に合わせた荷室をカブクが設計。ボディはカブクが3Dプリンタで製作した。

 超小型EVは、車両区分が特殊でナンバー取得の申請が難しいことや、コスト面で軽自動車と食い合うことから、自動車メーカーが思うように普及が進んでいない。3Dプリンタを活用し、外部企業とも連携しながらさまざまなユーザー向けにオーダーメードで超小型EVをつくることにより、普及につなげようとしている。



ホンダが、鳩サブレーの豊島屋やプロダクトデザインを手掛けるカブクと共同製作した超小型EV(電気自動車)「マイクロコミューター豊島屋モデル」(クリックして拡大)

MC-βとは



2012年に発表した超小型EV「MC-β」(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 MC-βは近距離移動向けのEVとして2012年11月にホンダが発表した。2013年11月から2016年3月まで、国土交通省の超小型モビリティ制度を活用して、熊本県や埼玉県さいたま市、沖縄県宮古島市で実証実験を行った。観光客向けのレンタカーや、地元住民向けのカーシェアリング、自治体の公用車としてMC-βを使った実績がある。

 MC-βは外形寸法が全長2495×全幅1280×全高1545mm、最高速度は時速70kmでモーターの出力は定格6kW/最大11kWとなっている。リチウムイオン電池を搭載し、走行距離は80km程度。充電時間は3時間未満としている。超小型モビリティや欧州のL7カテゴリーの車両区分に対応している。



ニーズに合わせてボディーや内装を作り変えるための「Variable Design Platform」(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 座席は前後に並んでおり、大人2人、もしくは大人1人と後部座席に子どもを2人乗せることができる。ボディーや内装はユーザーの要望や用途に合わせて作り変えることを前提に、バッテリーやモーターなどパワートレインは床下とリアスペースに集約したプラットフォームだ。

 MC-βは2012年の発表当初から、ユーザーの要望に応えた上屋を作るためのプラットフォーム「Variable Design Platform」を提案してきたが、コンセプト通りの作り変えは実現していなかった。ホンダ単独では少量多品種生産を実現するのが難しかったためだ。また、「超小型EVの市場が自動車メーカーの期待ほどには拡大していない」(ホンダの説明員)ことも影響した。

 今回出展したマイクロコミューター豊島屋モデルが、Variable Design Platformの本来の狙いを初めて実現したモデルとなる。

豊島屋モデルの公道走行はもう少し先?

 マイクロコミューター豊島屋モデルは、大人2人乗りのMC-βのベース車両とは異なり、後部座席を廃して荷室を設けた1人乗りだ。豊島屋では和菓子など食品を配送するため、気密性を確保できる独立した荷室とした。また、豊島屋の専用梱包箱のサイズに合わせて設計した。積み下ろしの利便性を考慮して、荷室の扉は上下2分割で開閉できるようにした。小さな配送物も運びやすくするため、仕切りの位置を自由に変更できる仕切り棚となっている。



豊島屋モデルは1人乗りで荷室を設けた(左)。ベースのMC-βには後部座席がある(右)(クリックして拡大)

豊島屋モデルは1人乗りで荷室を設けた(左)。ベースのMC-βには後部座席がある(右)(クリックして拡大)




運転席の様子(左)。食品を載せるため独立した荷室とした(右)(クリックして拡大)

運転席の様子(左)。食品を載せるため独立した荷室とした(右)(クリックして拡大)

 デザイン、設計、3Dプリントによる製造まで、カブクが一貫して担った。部品の製造は、保有する3Dプリンタの空き状況や、部品の形状と大きさに最適な機種に合わせて複数の3Dプリンタに振り分けた。これにより生産に要する時間を短縮している。

 豊島屋は神奈川県鎌倉市に本社を置く。同市は入り組んだ細い道が多く、観光都市として環境への配慮も求められるため、超小型EVでの配送に向くとしている。

 マイクロコミューター豊島屋モデルが実際の業務で使われるのは少し先になりそうだ。「車両ナンバーをどのように取得するか、調整中だ。国土交通省の超小型モビリティ制度で申請すると、自治体が決めた地域内でしか走行できないことになる。また、そもそも鎌倉市が超小型モビリティの制度を導入していないので、自治体との相談にもなるかもしれない。超小型モビリティではなく原付ミニカー(総排気量50cc以下または定格出力0.6kW以下の原動機を有する普通自動車)として申請することも検討している」(ホンダの説明員)。

自動車メーカーだけではできない、オーダーメードのクルマづくり

 ホンダの説明員は「3Dプリンタを使ったモノづくりの速さや、技術の進化には驚いた」と話す。「出力する材料のコストは課題だが、金型が不要だというメリットは大きいし、従来のクルマ作りよりもはるかに速い。3Dプリンタは5年前とは比較にならないくらい進化したと聞いている。その進化のおかげで、Variable Design Platformのコンセプトが実現した」(同社の説明員)。

 今後、豊島屋モデルのようなオーダーメードのMC-βの注文は、Webサイト上で受け付ける形を想定している。今回、カブクと連携したのと同様にさまざまな外部企業からの協力を得る前提だ。「ディーラーに出向くのではなく、Webサイト上で発注し、その注文内容を見たデザイナーやモノづくり企業が自由な発想でその注文を形にできると良い」(ホンダの説明員)。配送だけでなく、介護や観光、日常の移動手段などとして広く受注していきたいという。

 このようにオーダーメードに応えられる仕組みづくりが、超小型EVの普及に欠かせないという。「“こう使ってください”と自動車メーカーから提供するだけが全てではない。“こう使いたい”という声にも応えていく必要があるが、従来の大量生産のクルマづくりではカバーできない。だから軽自動車と超小型EVの差別化が図れず、超小型EVの市場がつくれなかった。豊島屋モデルのようなオープンイノベーションで、超小型EVの普及を後押ししていきたい」(ホンダの説明員)。

CEATEC JAPAN 2016(シーテック ジャパン 2016)



>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/