警告書が来たらどうする!(2)

警告書が来たらどうする!(2)

2. 「内容証明郵便」って何?

さて、前項で出てきました「内容証明郵便」について簡単に説明しておきましょう。

「内容証明郵便」という仰々しい名前に、騙されてはいけません。

予め申し上げておきます。「内容証明郵便」が届いたからといって、何も慌てることはありません。

 

「内容証明郵便」という名前から、あたかも「とても深刻な内容が書かれた書面」だと思われがちなのですが、「内容証明郵便」というサービスは“書かれている内容の正当性”を証明するものではないのです。

つまり、“なんら根拠のない言いがかり”が内容証明郵便で送られてくることもあるのです。

 

要は、「内容証明郵便」だからと重要だという判断をするのではなく、「一般郵便」であろうが、「メール」であろうが、本来、書かれている内容を確認した上で、「警告書の重要度(リスク)」と「正当な警告内容であるか」を判断しなければなりません。

※ この「警告書の重要度(リスク)」と「正当な警告内容であるか」の判断は、とても慎重に行わなければなりません。素人判断はとても危険ですので、判断に悩んだときには、専門家へ必ず相談してください。

 

さて、簡単ですが「内容証明郵便」というサービスについて説明をしておきましょう。

  • 「内容証明郵便」というサービスについて

これは「①いつ、②誰が(送り主)、②誰宛に(送り先)、④どんな内容のお手紙を送ったのか」ということを“第3者である郵便局が証明してくれる”というサービスとなります。

 

警告書を送る相手は、あなたの家族でもなければお友達でもありません。

「全ての人が正直に手紙を受け取った。」と認めてくれるとは限りません。

また、「警告書」と送られた側にしてみてば、“都合の悪いお手紙”であり、「手紙が届いたこと自体をなかったことにしたい」という感情は、至って普通のことなのです。

そのため「警告書」を送ったとしても相手が素直に受け取ってくれるとは限りません。

そんな相手に、確実に手紙を届けてくれ、手紙を相手が受け取ったことを証明してくれるサービスが「内容証明郵便」というサービスになります。

 

※ 蛇足ではありますが、「郵便事業の民営化」の前の時代、「郵便」というものは行政が行ってくれるサービスでした。つまり、この「内容証明郵便」というものも、その昔は「行政が行ってくれる公的なサービス」であったわけです。そのため、「お役所から届いた警告書」と勘違いして深刻に受け止めてしまうのだと思います。(警告書を送る側にしてみれば、“この心理的な勘違い”に期待し、積極的に活用しているとも言えるサービスだとも言えそうです。)

さて、次は「警告書」の内容についての分析を始めましょう。

出典:『警告書が来たらどうする!(2)』(発明plus〔旧:開発NEXT〕)


弁理士。コスモス特許事務所パートナー。1980年愛知県生まれ。愛知大学卒業、名古屋工業大学大学院修了。LECで弁理士受験の講師を務める。オモシロ特許研究会を主宰し、知的財産権の大切さを伝えるため全国で講演を行う。自身、商標権を活かしたアイデア商品を作るベンチャー企業、TimeFactory株式会社を設立、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。著書に『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)、『理系のための特許法』(中央経済社)等がある。 特許・商標・ものづくりを応援するフリーペーパー『開発NEXT』を発行、「開発NEXT Web」( http://kaihatsu-next.com/ )を運営している。