設計変更|元トヨタマンの目

設計変更|元トヨタマンの目

トヨタの工場の生産管理の仕事をしていると、「設計変更依頼書」なる書類が設計部からどんどん送られてくる。部品の共通化や使用素材の変更など設計変更の理由はさまざまだ。その書類は社内の関係部署をすべて通って最後に工場の生産管理に届く。
 
生産管理の担当者はその書類からその設計変更に関するすべてを読み取って、最終的にかんばんを作り変えなければならない。そして旧部品のかんばんと新部品のかんばんをすごいテクニックで入れ替えをする。それが自分の担当する製造部でも毎日に1点や2点は変更されているほど、非常に高い頻度で日常的に変更が行われているのだ。
 
これはトヨタは「いいことはどんどん取り入れて常に変革させていく」という思想の元に車づくりを行っている証拠だ。
 
普通、この設計変更ということは非常に大変で煩雑なことであると思う。それがトヨタの場合、この「設計変更依頼書」を起こして関係部署に流していくだけで、あとはシステマティックにすべてことが運んでいってしまう。
 
この設計変更を完全な日常業務に取り込んでしまっているのだ。
 
トヨタを辞めていろいろな会社を見せてもらっていると、ある工業製品が発売されてから、ほとんど設計変更などがなされないままになっているものをよく見かける。そのような会社は結局、工場がすべて自分の判断でうまく帳尻を合わせてしまっているのだ。言い換えれば、工場のベテラン作業者のカンコツが問題点を隠してしまっているともいえる。
 
トヨタにいたころは、当たり前だと思っていたことが、世間に出てみると、「実はそれってすごいことなんだ」ということがあまりにも多いことに驚く。偉そうに聞こえるかもしれないが、本当にトヨタとはすごい会社だ。
 
元トヨタマンの目
 
toyota-consulting.com/” target=”_blank”>トヨタ生産コンサルティング株式会社


豊田生産コンサルティング株式会社代表取締役社長◎略歴 昭和30年(1955) 愛知県豊橋市生まれ 昭和53年(1978) 早稲田大学商学部卒業トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社 平成16年(2004) トヨタの基幹職チャレンジ・キャリヤ制度(他社への転出支援制度)によりトヨタを退職(退職時資格は課長級) オーエスジー株式会社オーエスジープロダクションシステム推進本部副本部長就任 消耗性工具(ドリル・タップ・エンドミル)専門メーカーで自動車関連以外の業種の現場改善活動に従事。 平成19年(2007) 豊田生産コンサルティング株式会社設立◎トヨタでの職歴(26年)人事部人事課海外関係人事 3年/財務部経理課輸出入経理、国内債権債務管理 3年/本社工場工務部原価グループ鍛造工場能率・製造予算管理、工場棚卸総括 3年/本社工場工務部生産管理室車体・塗装・組立工場生産管理 4年/米州事業部原価企画グループ北米事業体原価管理、北米生産車原価企画 3年/田原工場工務部原価グループ成形工場能率・製造予算管理、トヨタ生産方式部課長自主研 2年/田原工場工務部生産管理室エンジン・鋳物工場生産管理、トヨタ生産方式部課長自主研 8年◎本社部門(人事・財務・原価企画)9年、工場部門(本社工場・田原工場)17年と本社機能、工場機能のそれぞれを幅広く経験。特に工場では生産管理と原価管理という「石垣」づくりとトヨタ生産方式自主研メンバーとして「天守閣」づくりの両方に長年従事。