ものづくりニュース by aperza

複数のCIPを内蔵した32ビットMCUファミリー ([EDN Japa...

2016/11/1 IT media

複数のCIPを内蔵した32ビットMCUファミリー ([EDN Japan])

スリープ電流500nA

 マイクロチップ・テクノロジーは2016年6月、CIPを採用した、32ビットPIC32マイクロコントローラ(MCU)「PIC32MM」ファミリーを発表した。コンシューマー、産業用制御、モーター制御機器などの組み込みアプリケーションに対応するという。

 PIC32MMは、同社の16ビットMCU「PIC24F XLP」ファミリーと、32ビットMCU「PIC32MX」ファミリーの中間に位置する製品となる。CPUの負荷を軽減し、消費電力とシステム設計コストを低減するCIP(コアから独立した周辺モジュール)を内蔵。MPLAB X IDEのプラグインである同社の「MPLAB Code Configurator」を使用すれば、MCUの周辺モジュールの設定、デバイスの設定、ピンの割り当てなどが容易に行える。

 スリープ電流は500nAで、構成可能なロジックセル(CLC)や多出力キャプチャーコンペアPWMなどのCIPを内蔵。センサーレスBLDCモーター制御回路を容易に設計できる。

 パッケージは、4×4mmの20ピンQFN、SSOP/28ピンuQFN、QFN、SOIC、SSOP、SPDIP/36ピンQFN/40ピンuQFNで提供される。内蔵フラッシュ容量は、16K/32K/64Kバイトから選択できる。同社は、Explorer16開発ボード(DM240001)向けのPIC32MMプロセッサプラグインモジュール(MA320020)も提供するとしている。


エレクトロニクス技術を活用した設計・開発手法および製品動向を解説する技術情報メディアです。エンジニアの経験がある編集スタッフに加えて、設計・開発の第一線で活躍中のメーカーのエンジニアが、最新のエレクトロニクス技術・製品を活用するための手法などを詳しく解説します。さらに新製品に関するニュースのほか、アナログ設計やノイズ対策といったエンジニアの関心が高いテーマを題材にしたコラムも随時掲載しています。エレクトロニクス関連製品の設計・開発にたずさわるエンジニアにとっては、日々の業務に不可欠な情報源です。 http://ednjapan.com/