ものづくりニュース by aperza

製造工程効率化の実証実験に採用された小型IoTゲートウェイ ([MON...

2016/11/1 IT media

製造工程効率化の実証実験に採用された小型IoTゲートウェイ ([MONOist])

 アドバンテックは2016年8月29日、同社の小型IoT(モノのインターネット)ゲートウェイ「UTX-3115」が、島根富士通の製造工程を可視化する実証実験に採用されたと発表した。

 島根富士通は、リペアライン上を可視化することで、作業の優先順位を適切に判断したいと考えていた。そこで、修理対象製品にビーコンセンサーを貼り付け、位置や滞留時間、出荷期限の情報を、UTX-3115でリアルタイムに収集。富士通のIoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service IoT Platform」に送り、可視化システムを構築した。この情報を作業者が共有することにより、修理にかかるリードタイムや出荷遅延時にかかるコストが削減したという。

 また島根富士通は、製造ライン上の機能試験工程においても、不具合原因の特定と再発を防止する仕組み作りに取り組んでいる。製造工程を動画や静止画で撮影し、UTX-3115に集約して画像解析による可視化を進めている。情報をリアルタイムに分析して、エラーの発生原因を作業工程にフィードバックし、傾向分析に活用する。

 大量のセンサー情報、動画や静止画などの画像解析には、高い処理性能が必要だが、UTX-3115は「Intel Atom E3826プロセッサ」を搭載しており、負荷を気にせず使用できたという。また、国内外に拠点を持つアドバンテック製品の供給・サポート体制も採用のポイントになったとしている。



UTX-3115

FAメルマガ 登録募集中!



FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/