ものづくりニュース by aperza

表示と標識〈機械工具屋さんの3S活動奮闘記〉

表示と標識〈機械工具屋さんの3S活動奮闘記〉

(株)鬼柳の葛西です。

当社の3Sカイゼン活動も少しずつですが進んできております。

必要な物と不必要な物を分けて不必要な物は処分しだいぶスッキリしてきましたが・・・

最近になって、あることに気がつきました。

 

社内には表示と標識が少ないのでは?

確かに「整頓」の意味には誰でもスグに取り出せる状態と定義されています。

例の如く「表示」と「標識」の意味を調べてみるとこんな意味があるようです。

 

表示

はっきりと表し示すこと。「原料をラベルに―する」
図表にして示すこと。「生産額を―する」

標識

めじるし。めじるしとして設置したもの。「道路-」
物質を同定するために,他とは異なる特徴をその物質に付与すること。

 

確かに「表示」も「標識」どちらもできていないと、新入社員が入った時や、外部の方が来た時に何処に何があるかわかりませんね……。

今週の土曜日は、社内全体のカイゼン日なので今回は「表示」と「標識」をテーマに頑張ってみたいと思います。

出典:機械工具屋さんの3S活動奮闘記


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。