ものづくりニュース by aperza

若手技術者人材育成に適した時期

若手技術者人材育成に適した時期

技術者人材育成に適した年齢は何歳まででしょうか? もしくは、何年目までなのでしょうか?

実は技術者の人材育成にとって年齢や社会人歴というのは大きなファクターとなってしまいます。技術者は専門性至上主義に固執するあまり、記憶力の低下を恐れ、経験を積むほど、そして年齢を重ねるほど柔軟性を失っていきます。

年齢、社会人歴のリミット

技術者育成研究所では、技術者人材育成に適した年齢もしくは社会人歴は、それぞれ、年齢でいえば20代半ばから後半、社会人歴でいえば新人から5年目までが一つのリミットであると考えます。

理想でいうならば、年齢は上述の通りでいいのですが、年数でいえば3年目までに始めるのがベストです。 この3年目までに始めるというのはこれまでの経験でも本当に大切なことです。

社会人13年目の31歳と、4年目の29歳

まだ吉田がサラリーマンだったころ、年齢31歳、高卒だったので13年目という方がいました。 なかなか表舞台で活躍できないので、何とか育成してほしい、と当時の緊急プロジェクトでその人を吉田の下に補てんされました。 ところが、13年目で31歳であったにもかかわらず、自分に対する自信もなく、与えた仕事から逃げ回るという状態でした。

しかし、13年目ともなると上司に文句を言うというところだけは上達していたので、 手足を動かさず口だけが動くという状態でした。

それに対し、年齢29歳であまりかわらず、しかし院卒であったため4年目という技術者を同じタイミングで育成しました。彼は、ありとあらゆることをスポンジのように吸収し、文句を言う前にとりあえずやってみよう、という若さゆえの柔軟性も持ち合わせていました。

もちろん、両者の性格というのもあったかと思いますが、他の類似の例でも同じような結果だったのも確かです。このくらい、年齢、そして特に社会人歴が育成開始のタイミングとして重要なのがわかります。

可能な限り早めに育成を”開始する”、というのが人材育成の重要なことであるということを再度強調しておきます。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/