ものづくりニュース by aperza

若手技術者は 成功体験 の積み重ねで自主性と実行力が育まれる

若手技術者は 成功体験 の積み重ねで自主性と実行力が育まれる

若手技術者に対しては、可能な限り早い段階でチャンスを与えて “成功体験” をさせてください。これが自主性と実行力育成につながっていきます。

若手技術者にみられる「不器用な仮面」

最近の20代半ばまでの若手技術者を見ているといくつか感じることがあります。そのうちの一つが、「自分は高い専門性を持っているのだ、という不器用な仮面をかぶっている」というものです。

 

「私は大学で勉強してきましたので、このような基本的なことはわかっています」

「下積みは時間の無駄だと思います。専門性の高い仕事をやりましょう。」

 

このようなことを実際言葉に出すか出さないかは別として、多くの20代半ばまでの技術者が考えている傾向があると感じています。

「不器用な仮面」の下に隠れているもの

結論から言うと、当然ながら彼らが企業の利益を生み出すという事に対して戦力にならないのは明らかです。

原因は、見えている範囲が狭く、成果を生み出すために必要な人のつながりを持っていないというためです。このような考えは、自覚していなくても態度に出てしまいます。

最も多いのが「不機嫌な応対」。

注意する技術者指導者の方々も注意するのが億劫になってしまうのではないでしょうか。ところが、これら若手技術者の仮面の下にある素顔については意外にも語られていないものです。

専門性という仮面を必死にかぶって隠している素顔とは何でしょうか。それは、「自信の無さ」です。

指導者が理解しておくべきこと

今の若手技術者は、と色々言いたくなる技術者指導者層の方々の気持ちもわかりますが、実は彼らのほとんどは「自信が無い」という現実をよくわかっています。

自信が無いので仮面をかぶって、「自分はすごいのだ」と見せたがっているだけなのです。この点を理解してあげないと、技術者の人材育成は出だしからつまずくこととなります。

というのは、この手の仮面をかぶった若手技術者に対して多くの技術者指導者層がとる行動が「生理的反発に基づいた主業務からの遠ざけ」となってしまうからです。

 

技術者人材育成で目指すべき姿は、「自ら課題を見つけるという自主性と、それを解決できる実行力を有する」というところです。

そして、これをみにつけるためには、自分自身に自信を持ち、色々な人間の助言を受け入れられるようになるための、「業務での成功体験」がとても重要となります。

この成功体験こそが、若手技術者が最初に持つ自信の裏付けとなり、よりどころとなるのです。

 

生意気そうな若手技術者がいるようでしたら、是非その仮面の下に隠れた本音を理解し、彼らが一刻も早く戦力になるよう、成功体験をさせてあげてください。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/