ものづくりニュース by aperza

若手技術者の本音と建前

若手技術者の本音と建前

成果を欲しがる若手技術者は多いのに、実際はなかなか育ってこない。そんな悩みを抱えていませんか。実は、この悩みは非常に多くの企業で共通の悩みです。

成果を欲しがる若手技術者

平均以上のモチベーションのある若手技術者のほとんどは、口をそろえて、「成果が欲しい」といいます。これはこれで素晴らしいですね。ところがこのような建前を言っている一方で、本音を聴きだしてみると、「自分は何のスキルも無くて不安だ」「自分よりも年下の人間は活躍をしているので焦る」といった一種の焦燥感を口に出します。

そして、最も典型的な若手技術者の本音、それは、「成果が欲しいと思っても、実際その現場になると逃げたくなる」という「逃げの姿勢」です。

成果を欲しがる若手技術者のほとんどは、実際に前線でのチャンスをつかみかけると、「いや、自分にはとても……」といって及び腰になってしまうのです。口が達者な若手技術者ほど、意外にも本音部分は「臆病」です。この「若手技術者は基本的に臆病である」という前提を理解しておくことは、若手技術者の人材育成では大切です。

最も大きな問題は、この臆病ゆえ自らひいてしまう線をどのようにして飛び越えさせるか、という所にあります。若手技術者が引いてしまう線は、実戦経験を積める境界線よりもはるか手前に引いてしまうため、彼ら、彼女らのいうことをそのまま尊重していてはなかなか育ってきません。やはり、成長への最短距離は実戦経験です。

一般的な技術者は、この線を若手に飛び越えさせるために徹底的に叱ります。「成果が欲しいと言っていた割にはそんなものかよ」「ここでその一線を飛び越えられなかったら一生使い物にならないぞ」そんな挑発や威嚇に近いことを言うのではないでしょうか。最後の最後はこのような話は大切です。しかし、このアプローチでは若手技術者からの必要以上の反感をかったり、場合によっては心の異常を訴えるといったことにもなりかねません。

若手の心を動かす3つの大事な点

ここで若手の心を動かす3つの大事な点をご紹介します。

1.若手技術者を信用していると伝える
2.本人に最終判断は任せる、という選択の余地を残す
3.上司がお願いします、と頭を下げる

1.若手技術者を信用していると伝える

上述したように、若手技術者の最大のネックは「自信が無い」ということです。これに対して、上司や先輩が「お前ならできるからやってみろ」と声をかけてあげることで勇気が湧いてきます。この勇気こそ、踏み出せそうで踏み出せない一歩を出させる一つの推進力となります。

2.本人に最終判断は任せる、という選択の余地を残す

「やらされた」という印象を絶対に与えてはいけません。業務命令で動かすべき時も当然ありますが、それは最小限にすべきです。技術者は「やらされた」という感覚を根に持つ傾向があります。最後は、上司や先輩の思惑の方向に誘導したとしても、「最終判断はお前に任せる」と声をかけ、自主的に自分で選択をしたんだ、と若手技術者に認識させることがとても大切です。

この判断させるというのは、技術者育成の根幹である、「自主性」の向上にもつながってきます。「やらされた」のではなく、最後は「自分で決めた」という印象を必ず若手技術者に残すようにしてください。

3.上司がお願いします、と頭を下げる

実際に頭を下げる必要はありません。あくまで、「お前の力が必要なのだ」というメッセージとして、「お前にお願いしたい」と伝えることも重要です。これは、若手技術者から見れば、「自分でなくてはだめなのだ」という自意識を持たせることにつながり、自分に対する自信をつけさせる意味があります。

得てして指導者層にいる技術者は部下や後輩に「お願いする」のが不得意な傾向があります。この指導者のプライドも若手技術者の人材育成にとって害となる、ということを示す一例と言えます。

 

いかがでしたでしょうか。若手技術者の本音の部分の弱さをフォローしながら、建前を達成するためのおぜん立てをする。初めは「ここまでやらなくてはいけないのか」と指導者の技術者の方々も思うようですが、最終的にはこれが若手技術者の自主性と実行力をつけさせる最短距離である、ということを納得いただいています。是非、若手技術者育成の具体的手法の一つとして実行していただきたい内容です。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/