ものづくりニュース by aperza

若手技術者に指導する際は、言葉だけでなく《活字》でも伝える

若手技術者に指導する際は、言葉だけでなく《活字》でも伝える

若手技術者の育成においては、対面による「口頭指導」だけではなく、その内容が書かれた活字を同時に理解させることが重要です。

過去の育成での失敗事例

過去の育成で大きな失敗をしたことがあります。

部下たちへの指示内容

ある部品の量産を立ち上げる際に、

「一個あたり、この価格で作れるよう工程を考えてくれ」

と部下たちに指示しました。当時の新規事業の部品製作ライン設計をしている時でした。

そのとき、メンバーにいたのは20代半ばから30代前半の若手~中堅。

開発最前線での活躍とその成果を挙げたことが無かったため実戦経験は乏しかったものの、新しい事業開発の最前線に立てたということで全員モチベーションが高い状態でした。

全員がわからないなりに全力でやっているように映り、とても頼もしく見えたことを覚えています。

 

欠けていたもの

ところが、数週間後に上がってきた工程表と製造ライン案を見て愕然とします。

製造価格を最重要視するあまり、設計思想で最も大切なことである、

「お客様に対する安全性」

を軽視した工程設計を行っていたのです。

当時、かなり細かく指示したので大丈夫だと思っていたのですが、口頭のみの指示だった故、その言葉の裏にある「安全性」という絶対的な最重要概念が、当時の工程設計メンバー全員になかったのです。

“伝える”際のポイント

このとき痛感したのは、口頭で伝えたことは、その言葉の上面しか伝えられていないということ。

ここはわかっていて当然、という基礎思想については、きちんと伝わってなかったのです。

その後気を付けたことは、口頭に加え、活字で指示を出すという事でした。

 

活字を指示手法として併用する動機としては、

■活字であれば、後から確認できる。つまり、記憶の不確かさによる情報の欠落を防げる。
■あらかじめ活字で指示事項をまとめておけば、口頭で指示するときに抜けもれなく指示することができる。

といったメリットを感じたからです。

 

指示する際には口頭に加えて活字を活用する。

是非、実践してみてください。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/