ものづくりニュース by aperza

自動運転時代に向けたセンサー群、オムロンが「CEATEC」に展示 (庄...

自動運転時代に向けたセンサー群、オムロンが「CEATEC」に展示 (庄司智昭,[EE Times Japan])

非接触で脈拍を測定できるセンサー

 オムロンは、2016年10月4〜7日に千葉市幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2016」で、自動運転時代を見据えたセンシング技術の展示を行っている。

 1つ目は、オムロン オートモーティブエレクトロニクスが同年9月29日に発表した、車載環境下においても高精度に脈拍を測定できるセンサーのプロトタイプ製品である。同センサーは、ドライバーの体表面に電波を送信し、当たって戻ってきた電波を受信することで、血管が脈を打つときに体表面上で発生する約100μm以下の変異を検出。この信号を独自のアルゴリズムにより脈拍信号として抽出して、脈拍値として出力する。

 担当者は、「当社独自の画像センシング技術“OKAO Vision”と、ヘルスケア分野で培った信号処理アルゴリズムを組み合わせることで、開発に成功できた」と語る。

 現在は、自動車のシート内やドアパネルへの搭載を想定しており、複数のセンシング技術を組み合わせることで、運転手の異常状態や異常発生リスクをより高精度に検出するシステムの商品化を早期に目指す。「自動車メーカーやOEMの需要を把握しながら、血圧や脳波といった人の状態を判断するセンサーを開発していく予定」(担当者)とした。

ドライバー運転集中度センシング技術

 展示では、同社が2016年6月に発表した人工知能(AI)を搭載した車載向けセンサーも、デモを通じて紹介されている。運転手のさまざまな行動や状態をセンシングし、安全運転に適した状態かをリアルタイムにレベル分けして判定することができる。

 同センサーは、同社が20年間蓄積した顔画像センシング技術と、連続した時間的変化を伴う事象の認識を可能にするAI技術「時系列ディープラーニング」を融合した「ドライバー運転集中度センシング技術」で実現したという。同社によると、時系列ディープラーニングは、連続したデータを扱うために大規模なサーバシステムへの接続が必要だった。

 同技術では、カメラから取得したデータを、「高解像度の顔映像」と「おおまかな動作」の映像に分離した上で、2つの映像を効率的に組み合わせることで画像処理量を低減。これにより、手のひらサイズのカメラ1台で判定でき、車載の組み込み環境でもリアルタイムに実行可能となっている。つまり、ネットワークへの接続を必要としないため、現行の自動車への後付けや、低価格帯の自動車への搭載も可能になるとした。


 担当者は、「自動運転時代に、運転手の状態を把握する必要はないと思う人もいるかもしれない。しかし、普及の段階では、自動から手動に切り替えなければいけないケースも多く出てくる。その時、運転できる状態かを事前に判断する必要がある」と語る。

卓球ロボットがギネス世界記録に認定

 また、毎年恒例となる卓球ロボット「フォルフェウス(FORPHEUS)」も、2015年から進化した形で展示されている。ディープラーニングを実装し、対戦者の上手/下手を瞬時に判断。相手のレベルに合わせた返球を行うことで、互いの成長を図る。

 具体的には、返球精度±5cmとより高精度にボールを返球できるようになったとする。ラリーのレベル判定と、「融和の度合い」も判定できるようになり、人の特性に合わせてロボットハンドを制御することで、人の能力を引き出せるようになっている。

 同社は、今回の展示テーマに「センシング&コントロール+Think」を掲げている。収集した情報を人にとって価値ある情報に変換して機械を制御する「センシング&コントロール」に、人の知恵を表す「Think」を加えた意味が込められているという。

 フォルフェウスは、その中でも同社が描く“人と機械の関係の進化”を紹介するための体験型デモンストレーションだ。2016年9月には、「最初の卓球コーチロボット/First robot table tennis tutor」として、ギネス世界記録に認定された。

CEATEC JAPAN 2016(シーテック ジャパン 2016)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/