第20回3S定例会が開催されました<機械工具屋さんの3S活動奮闘記>

第20回3S定例会が開催されました<機械工具屋さんの3S活動奮闘記>

(株)鬼柳の葛西です。

先日、第20回3S定例会が和同産業(株)様で開催されました。

講義とワークショップの前に工場見学(ウォッチング)を先に行なったのですが、前回伺った時より工場内の変化にビックリ!でした。

 

前に伺った時には、表示や標識が増えたなぁくらいの印象だったのですが、明らかに工場内が綺麗になっていましたし、凄く中が明るくなったような感じでした。

だぶん不必要な物を整理されて工場内がゴチャゴチャしていないのでそう感じたのかもしれません……

ほぼ全工場をウォッチングしたのですが、様々な工夫がされていました。

第20回3S定例会が開催されました

測定工具類の形跡管理(姿絵管理)や治工具類の形跡管理なども進んでおりました。

第20回3S定例会が開催されました

社内では、3S活動の「見える化」にも、だいぶ注力されているそうでところどころに見える化ボードも設置されていました。

第20回3S定例会が開催されました

職場によっては、BeforeとAfterの写真を掲示している所もあり、外部の人間でも一目で分かりやすいと思います。

第20回3S定例会が開催されました

和同産業(株)様は、社員さんが200名位おられて普段だと総務系の方が現場へ行くことは滅多に無いんだそうです。

今回のウォッチングで総務系?の方が参加されていて、他の職場の3S取り組みを見られて非常に参考になったという話も出ていました。

各職場の活動や取り組みが生で見れたことによって刺激を受けて、また新しいアイディアなどが生まれれば3S活動のスピードが更にアップするかもしれませんね。

 

当社からの情報が満載!
機械工具屋さんの「かわら版」

(株)鬼柳 オフィシャルサイト


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。