ものづくりニュース by aperza

発生源対策〈機械工具屋さんの3S活動奮闘記〉

発生源対策〈機械工具屋さんの3S活動奮闘記〉

(株)鬼柳の葛西です。

今日は、「発生源対策」の取り組みを書きたいと思います。

5S活動でいう発生源対策とは、清掃活動でチリやホコリやゴミ汚れなどを発生させている源を断つ活動のことなそうです。

 

発生源とは何か対策の方法はどうあるべきかなどを厳格に定義づけしていないことも多いのですが、できるだけ少ない労力で綺麗なな状態を維持できるようにする取組みの全般をさしているとのことです。

これを受けて今回は棚の天板清掃を行ないました。

 

写真でもわかるように以前は、天板の上に通い箱やブルーシートや段ボールを無造作に乗せていました。

毎回掃除しても、元からある天板の汚れが落ちていないので風などで天板のチリやホコリが落ち、掃除しては落ちてを繰り返していました。

これでは、何の解決にもならないと考えて思い切って天板の掃除を行ないました。

脚立に上って覗いてみるとビックリするような汚れです……何年かの蓄積というか、歴史というのは凄いものですね。

あまりにも汚れていたので一度ホウキで掃いてから雑巾がけを行ないました。

 

やはり、初めて拭き掃除をした時と同様にスグに雑巾が黒くなってしまいました。

何度か拭いたお陰で現在は綺麗な状態を保っています。

最近は心なしか床面を掃く時に出るゴミやチリも少なくなったような気がします。

「発生する元を断つことによって普段の作業を楽にする」

これも効率化の一つなのかもしれませんね。また一つ3Sカイゼン活動の極意を知ったような気がします。

 

出典:機械工具屋さんの3S活動奮闘記


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。