ものづくりニュース by aperza

現場改善用語集【TWI】

現場改善用語集【TWI】

チラッと耳にした重要そうだが聞き慣れない用語、実戦で知っておくと改善が面白くなりそうな用語、度忘れしそうなのでメモしておきたい用語などを集めた用語集です。

TWI(てぃーだぶりゅあい)(training within industry)

職場の第一線監督者に対する監督能力向上のための定型化された訓練方法。

第二次大戦中にアメリカで開発され、戦後各国に普及された。日本では職業安定法30条に基づき1959年に労働省が職場の監督者訓練としてTWIを採用している。

参考書を開けば、教える技術(JI:Job Instruction)、改善する技術(JM:Job Method)、人を扱う技術(JR:Job Relation)の3つに分かれていて、講習会による厳しい訓練を受けた後に資格が与えられる……という程度の解説がされているが、それ以上の詳細は実際に受けたことがないので、筆者にはわからない。

 

おそらく、この項を目にするまでまるで知らなかったという人の方が多いのではないだろうか。

ということは、知らなくても実務に影響はないということで、もし、耳にする機会があったら、監督者訓練ということが思い出せれば良い。

 

出典:『備忘録めもらんだむ』面白狩り(おもしろがり)


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。