ものづくりニュース by aperza

現場改善用語集【PERT】

現場改善用語集【PERT】

チラッと耳にした重要そうだが聞き慣れない用語、実戦で知っておくと改善が面白くなりそうな用語、度忘れしそうなのでメモしておきたい用語などを集めた用語集です。

PERT(ぱーと)(program evaluation review technique)

大きな建造物や個別生産型の製品の生産を管理するための手法。

もともとはアメリカ海軍のポラリス潜水艦の建造計画のために開発されたもので、現在ではプロジェクト管理のツールとして広く普及している。

アローダイアグラムと呼ばれるフロー図で作業の順序を示し、各作業について見積もられた所要時間を基に、完成に至るまでの最適な作業日程(クリティカルパスという)を計算によって求める。

 

また、プロジェクトの中の管理工程を明確にし、プロジェクト全体を見ながら各作業の進捗を管理して、必要に応じて適切な日程変更を行うことができる。

この方法をPART-timeと呼び、これにコストのデータを加味したものをPERT-costと呼んでいる。

 

出典:『備忘録めもらんだむ』面白狩り(おもしろがり)


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。