ものづくりニュース by aperza

現場改善用語集【動機付け衛生理論】

現場改善用語集【動機付け衛生理論】

チラッと耳にした重要そうだが聞き慣れない用語、実戦で知っておくと改善が面白くなりそうな用語、度忘れしそうなのでメモしておきたい用語などを集めた用語集です。

動機付け衛生理論(どうきづけえいせいりろん)

モチベーションに関する仮説のひとつ。

ハーズバーグ(F.Herzberg)によれば、①不快を回避する欲求 と、②精神的に成長し自己実現を求める欲求 とはまったく異質なものであり、両者の欲求はまったく別個の要素により充足されるものであるとした。

①をアダム的人間観、②をアブラハム人間観と名付け、次のような理論にまとめた。

スクリーンショット 2016-12-21 15.43.21

この仮説を検証するために、ピッツバーグで約200人の技師と会計士を対象に面接を行い、いかなる場合に仕事について積極的満足感や不満足感を味わうかを質問した結果が、次の図である。

この結果に基づいてハーズバーグは次の3つのことを提言している。

①動機付け要因に志向させるための従業員と管理者の教育
②職務充実(Job-enrichment)
③技術的陳腐化・従業員間にある低度の職務遂行・経営上の欠陥などに対する治療の必要

スクリーンショット 2016-12-21 15.43.29

こういう話がなぜ重要かというと、いくら科学的に厳密に研究し問題解決を図っても、生産性とか品質なんてもんは、作業者の気持ち次第で簡単にばらついてしまうという事実があるためである。

動機付けや人間関係の理論ばかり追っていくのも問題があるが、かといって全く無視できないから一筋縄には行かないのだ。

 

出典:『備忘録めもらんだむ』面白狩り(おもしろがり)


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。