ものづくりニュース by aperza

現場改善用語集【仕掛品】

現場改善用語集【仕掛品】

チラッと耳にした重要そうだが聞き慣れない用語、実戦で知っておくと改善が面白くなりそうな用語、度忘れしそうなのでメモしておきたい用語などを集めた用語集です。

仕掛品(しかかりひん)

材料・部品から完成品になるまでの途中の状態のものを言う。

実際に手が加えられている最中の物や、放置状態でも何らかの付加価値が生まれている状態であれば良いが、作業が中止されて何の付加価値も生まず仕掛品のまま放置されている状態は、非常に多くのロスを引き起こす。

放置されることによる品質の劣化、在庫としての管理コスト、経理上のあいまいな評価、保管スペースのムダ等々、常に改善の対象となる。

そこに仕掛品があれば、必ず損失ありと考えてよい。

 

出典:『備忘録めもらんだむ』面白狩り(おもしろがり)


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。