ものづくりニュース by aperza

洋上風力で日本初の認定、港湾拡張で「アジアの風力拠拠点計画」が前進 (...

洋上風力で日本初の認定、港湾拡張で「アジアの風力拠拠点計画」が前進 (陰山遼将,[スマートジャパン])

 国土交通省は2016年6月10日、福岡県北九州市が北九州港周辺区域における洋上風力発電施設の導入拡大を目的に申請していた港湾区域の拡張に同意したと発表した(図1)。港湾法に基づき同年4月に申請していたもので、洋上風力発電施設の導入に関する港湾区域の変更事案は日本で初めての事例となる。

 九州の最北端にある北九州港周辺は風況にめぐまれた地域であり、風力発電の導入に適している。既に沖合ではNEDOと電源開発が設置した実証用の洋上風力発電設備が運転している他、太陽光発電設備などの導入も進んでいる(関連記事)。再生可能エネルギーの導入が積極的に進められている地域だ。

 国土交通省に認められた港湾区域の変更申請は、洋上風力発電施設の導入にあたり、港湾管理者である北九州市が経済的に一体の港湾として管理運営するために必要な、最小限度の区域の確保を目的に行ったもの(図2)。隣接する一般海域を港湾区域に編入することで、管理しやすくする狙いである。国土交通省としては港湾法上問題となる点が認められないと判断し、同意したとしている。

 今回の変更申請によって拡張されたのは、西部に位置する響灘地区周辺の港湾区域約2700ヘクタール。これにより、北九州市が以前から取り組んでいる響灘地区を「風力発電関連産業のアジア総合拠点」として発展させる計画が前進する。

秋に事業者を募集、大規模な風力産業の集積地へ

 響灘地区は北九州港の港湾区域の中でも特に風況にめぐまれた地域だ。NEDOの調査によれば、地上高70メートルの平均風速は毎秒6メートル以上である。北九州市ではこうした恵まれた風況に加え、広大な産業用地、充実した港湾機能といった響灘地区の利点を生かし、同地区を中心とした「風力発電関連産業のアジア総合拠点」を構築するプロジェクトを推進している。

 洋上風力を含めた風力発電設備そのものの導入だけでなく、部品やメンテナンス、訓練施設、物流センターなどの関連産業も集積させることで、アジアの中心となる大規模な風力発電産業を築こうという壮大なプロジェクトである(図3)。

 そして、同プロジェクトの中で重要な施策として位置付けられているのが洋上風力発電の導入拡大だ。北九州市ではこれまで海域利用者や関係機関などで構成する調整会議を設置し、響灘地区に洋上風力発電施設を設置可能なエリアの選定を進めてきた。

 直近の取り組みでは、洋上風力発電の設置可能なエリアを「再生可能エネルギー源を利活用する区域」として設定し、2016年8月以降をめどに発電事業者の公募を開始する。今回、国土交通省に港湾拡張が認められたことで、設置可能エリアが固まったことになる。公募する事業水域やその詳細なども同年8月以降に発表される予定だ。

 現在の予定では2016年秋ごろに発電事業者の選定と公表を行う計画で、その後2020年度までをめどに環境アセスメントを実施する。発電設備の設置工事が始まるのは2021年度中となる予定だ。


スマートジャパン」は、日本各地の企業・自治体にとって喫緊の課題である電力の有効活用と安定確保に向け、節電・蓄電・発電のための製品検討や導入に役立つ情報を提供します。企業や自治体の総務部、システム部、店舗運営者、小規模工場経営者などの方々に向けて、電力管理や省電力化を実現する製品情報、導入事例、関連ニュースをお届けするほか、製品カタログや利用ガイドなども掲載していく予定です。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/