ものづくりニュース by aperza

東芝、64層の3D NANDをサンプル出荷 「世界初」 (庄司智昭,[...

東芝、64層の3D NANDをサンプル出荷 「世界初」 (庄司智昭,[EE Times Japan])

0.5Tビットまで提供予定

 東芝は2016年7月26日、64層の3次元構造のNAND型フラッシュメモリ(3D NAND)「BiCS FLASH」のサンプル出荷を「世界で初めて」開始すると発表した。東芝は、「データセンター向けエンタープライズSSDやPC向けSSD、スマートフォン、タブレット、メモリカードなどの市場のニーズに合わせて展開していく」と語る。

 同製品は256Gビット 3ビットセルである。回路技術やプロセスを最適化することで、チップサイズを小型化し、48層のBiCS FLASHと比較して、単位面積当たりのメモリ容量を約1.4倍に大容量化。チップサイズの小型化により、1枚のシリコンウエハーから生産されるメモリ容量を増やし、ビットあたりのコスト削減も実現したという。

 NAND型フラッシュメモリの製造に関するパートナーであるウエスタンデジタルコーポレーション(以下、ウエスタンデジタル)のリリースによると、まずは256Gビットの容量で展開し、今後チップ単体で0.5Tビットの製品まで提供予定とする。

 ウエスタンデジタルでは、2016年7〜9月にOEM顧客向けのサンプル出荷、同年10〜12月にはリテール市場向けに量産出荷を開始する見込み。48層のBiCS FLASHの出荷は、継続するという。

 なお、同製品は、2016年7月に竣工した新製造棟「東芝四日市工場新第2製造棟」で製造する予定だ(関連記事:東芝とWD、18年までに3D NANDに約1.4兆円投資へ)。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/