ものづくりニュース by aperza

最大15Wの送電が可能なワイヤレス給電送電用IC ([EDN Japa...

2016/10/31 IT media

最大15Wの送電が可能なワイヤレス給電送電用IC ([EDN Japan])

 東芝 セミコンダクター&ストレージ社は2016年1月、最大15Wの送電が可能なワイヤレス給電送電用IC「TC7718FTG」を発表した。スマートフォン、タブレットなどのモバイル機器や産業機器向けなど、幅広いアプリケーションに活用できるという。

有線充電と同等以下の急速充電が可能

ワイヤレス給電送電用IC「TC7718FTG」

 同製品は、マイコンと接続して使用することで、Wireless Power Consortiumが策定する無接点充電の国際規格Qi v1.2に準拠したワイヤレス給電送電システムを構築できる。同ICは、量産中のワイヤレス給電受電用コントロールIC「TC7764WBG」「TC7765WBG」を用いた5W/10W受電システムとの組み合わせが可能。Qi v1.2に準拠した15W受電用コントロールIC「TC7766WBG」とでは、15Wまでのワイヤレス給電に対応できる。

 また、同社独自のアナログプロセス「CD-0.13」を用いて小型化/効率化に対応し、省スペースで容易に送電システムを構築できるとした。15Wワイヤレス送電により、有線充電の同等以下の時間で急速充電を可能にした。さらに、フルブリッジゲートドライバを1ch、ASK信号復調用Low Pass Filter、3.3V出力LDOを内蔵した。伝送方式は電磁誘導方式で、動作電圧範囲は4.5〜25V、駆動周波数は110k〜205kHzである。P-VQFN36-0505-0.40パッケージで提供され、量産開始は2016年春を予定している。


エレクトロニクス技術を活用した設計・開発手法および製品動向を解説する技術情報メディアです。エンジニアの経験がある編集スタッフに加えて、設計・開発の第一線で活躍中のメーカーのエンジニアが、最新のエレクトロニクス技術・製品を活用するための手法などを詳しく解説します。さらに新製品に関するニュースのほか、アナログ設計やノイズ対策といったエンジニアの関心が高いテーマを題材にしたコラムも随時掲載しています。エレクトロニクス関連製品の設計・開発にたずさわるエンジニアにとっては、日々の業務に不可欠な情報源です。 http://ednjapan.com/