ものづくりニュース by aperza

最大1300Mbpsの高速通信が可能な無線LANアクセスポイント ([...

2016/11/1 IT media

最大1300Mbpsの高速通信が可能な無線LANアクセスポイント ([MONOist])

 コンテックは2016年8月2日、高機能無線LANアクセスポイント「FXA3200」を発売した。FLEXLAN FXシリーズの最上位モデルで、無線LAN規格802.11acに準拠し、3ストリーム(3×3 MIMO)で最大1300Mbps(理論値)の高速通信が可能だ。

 また、5GHz帯(11ac/n/a)と2.4GHz帯(11n/b/g)の同時使用が可能。IEEE802.11ac/n/aではW52(36、40、44、48ch)、W53(52、56、60、64ch)、W56(100、104、108、112、116、120、124、128、132、136、140ch)の19チャネル、IEEE802.11n/gでは1-13ch、IEEE802.11bでは1-14chを使用できる。

 ACアダプターやPoE給電を使用したLAN(UTP)ケーブルによる電源供給に対応し、WPA2/WPAやWEPと併用可能な独自暗号化技術WSLを搭載。仮想的なネットワークを構築するためのVLAN機能や、1台のAPに仮想的な複数のAPとして動作させ、異なるセキュリティ設定ができるVAP機能も搭載している。

 他にも、Webブラウザから容易に設定管理ができ、FTPやSDカードでのファームウェア更新など、システムや運用に合わせた多彩なメンテナンス方法を提供。SNMP対応のネットワーク管理ソフトウェアによるネットワーク管理も可能で、MIBIIやプライベートMIBに対応している。

FXA3200 IEEE802.11ac/n/a/b/g準拠 アクセスポイント(親局)同時接続タイプ

FAメルマガ 登録募集中!

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/