ものづくりニュース by aperza

日立、レールやガイドなしで産業用ロボットを自律走行させる装置を発売

日立、レールやガイドなしで産業用ロボットを自律走行させる装置を発売

株式会社日立製作所(以下、日立)と株式会社日立プラントメカニクス(以下、日立プラントメカニクス)は、産業用ロボット自律走行装置『HiMoveRO(ハイモベロ)』を開発、2016年10月11日より販売を開始した。

スクリーンショット 2016-10-24 16.55.25

製品概要

『HiMoveRO』は、固定して使用されることが多い産業用ロボットを、専用レールや移動ガイドが無くても自律的、かつ高精度に走行させることができる装置。

医薬品、電子・半導体工場の生産ラインや物流施設のピッキングラインなどでの使用を想定しているという。

機能と特長

走行レールやガイドなしで移動でき、現場のレイアウト変更にも柔軟・迅速に対応

専用の走行レールや誘導線、磁気テープ、マーカー、反射ミラーなどの走行ガイドを設置せずに産業用ロボットを移動させることができる。設置工事がいらず、工事に伴う時間やコストが抑えられるとともに、導入後のレイアウト変更にも柔軟、迅速に対応可能。

レーザー距離センサーによる移動精度の向上

走行ルート周辺の電子地図の自動作成、自己位置推定技術によって自律走行する。設定した走行ルートと誤差が生じた場合には、電子地図とマッチングさせて自己位置を自動で認識して補正しながら走行し、誤差±10mm以内の高精度で目的地に停止することが可能。

1台で複数の作業が行えることから、生産性向上とコスト削減に貢献するという。

クリーンルーム対応

誘電線や磁気テープを使用して移動させる従来の誘導方式では、磁界を検出して制御信号を出しているため、鉄板などの磁性体のある場所での適用が困難だった。『HiMoveRO』は電子地図情報により自律走行するため、クリーンルームの床に金属製のグレーチングがある場合でも走行できる。

走行ルート上を自律移動する安心・安全設計

移動用のレーザー距離センサーの他に、障害物センサー(前後)、バンパー(前後)を標準装備しており、作業者や障害物を検知して一旦停止する。作業ステーション付近では低速移動し、作業ステーション間は高速移動するなど速度設定も可能。

発売の背景

近年、消費者ニーズの多様化やデジタルマーケティングの進展に伴い、多品種少量の製品を扱う工場や物流倉庫が増加するとともに、IoTを活用したモノづくりやサービスの革新が求められており、産業用ロボットの導入による生産性向上へのニーズが高まっている。

一方、一般的に産業用ロボットは緻密な作業を行うため固定して使用されることが多いことから、ロボットを精緻に移動させて1台で複数作業を行うことができ、頻繁に行われる現場のレイアウト変更に柔軟かつ迅速に対応することが求められてきた。

そこで、日立と日立プラントメカニクスは、30年以上にわたり手がけてきた無人搬送車の豊富な実績・ノウハウと先進の自己位置推定技術を活用し、産業用ロボットの台車としての役割を果たし、自律走行を可能にする『HiMoveRO』を製品化した。

仕様

  • 走行方式:2輪速度差方式
  • 走行速度:1.8km/h(最大3.6km)
  • 誘導方式:地図生成・位置認識方式
  • 停止精度:±10mm以内
  • 走行パターン:前進・後退・カーブ走行・スピンターン
  • 充電方式:バッテリー手動交換
  • バッテリー:鉛バッテリー
  • 通信方式:無線通信
  • 使用環境条件:一般屋内環境(温度0~40℃、湿度20~80%、結露が発生しない場所)
  • オプション:アウトリガー(ロボット揺れ防止機能)、クリーンルーム対応

出典:『産業用ロボットを移動可能にする自律走行装置「HiMoveRO」を販売開始』株式会社日立製作所、株式会社日立プラントメカニクス


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。