ものづくりニュース by aperza

改善すれば敵をつくる|元トヨタマンの目

改善すれば敵をつくる|元トヨタマンの目

トヨタは改善をし続けている。

今日の現場は明日には姿が変わっているかもしれない。このような会社だと平社員から役員トップまで誰かが改善するのを待っており、よい提案があれば、即採用し提案者をほめる。

全員が正しいと思うことのみを考え思いつけば発言するわけだ。私はこれが当たり前だと思っていた。

 

トヨタを退社し、世間に出てみると「改善」というものの扱いがトヨタとはまったく違っていることに衝撃を受けた。

それは世間の多くの会社では「改善」というものが、「前任者や上司のやってきたことを否定すること」になってしまっているという事実だ。

「こうやってやればもっとうまくやれるんだけど、こんなこといったら最後、いろいろにらまれちゃうよ。まあやめとけ、やめとけ」といった調子だ。

 

結局正論が通らないし結果言おうともしなくなってしまうのだ。

このような状況は大赤字で倒産寸前にならなければ、是正できないのではないだろうか。

 

この点でもトヨタは素晴らしい会社だった。誰もが何の躊躇もなく思ったことが言える。

大声を出して怒鳴る人がどの部署にも少なからずいてとても恐ろしく且つ活気のある会社だった。

このような会社だからこそ人材がすくすく成長し、最強のトヨタマンがつくられていくのだと思う。

 

元トヨタマンの目
トヨタ生産コンサルティング株式会社


豊田生産コンサルティング株式会社代表取締役社長◎略歴 昭和30年(1955) 愛知県豊橋市生まれ 昭和53年(1978) 早稲田大学商学部卒業トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社 平成16年(2004) トヨタの基幹職チャレンジ・キャリヤ制度(他社への転出支援制度)によりトヨタを退職(退職時資格は課長級) オーエスジー株式会社オーエスジープロダクションシステム推進本部副本部長就任 消耗性工具(ドリル・タップ・エンドミル)専門メーカーで自動車関連以外の業種の現場改善活動に従事。 平成19年(2007) 豊田生産コンサルティング株式会社設立◎トヨタでの職歴(26年)人事部人事課海外関係人事 3年/財務部経理課輸出入経理、国内債権債務管理 3年/本社工場工務部原価グループ鍛造工場能率・製造予算管理、工場棚卸総括 3年/本社工場工務部生産管理室車体・塗装・組立工場生産管理 4年/米州事業部原価企画グループ北米事業体原価管理、北米生産車原価企画 3年/田原工場工務部原価グループ成形工場能率・製造予算管理、トヨタ生産方式部課長自主研 2年/田原工場工務部生産管理室エンジン・鋳物工場生産管理、トヨタ生産方式部課長自主研 8年◎本社部門(人事・財務・原価企画)9年、工場部門(本社工場・田原工場)17年と本社機能、工場機能のそれぞれを幅広く経験。特に工場では生産管理と原価管理という「石垣」づくりとトヨタ生産方式自主研メンバーとして「天守閣」づくりの両方に長年従事。