ものづくりニュース by aperza

技術者採用の際に絶対にみておくべきポイント

技術者採用の際に絶対にみておくべきポイント

技術者採用の段階で技術者を見極めることは、技術者人材育成において極めて重要です。

これは、入社してからじっくり時間をかけて育成するというより、可能な限り早く企業利益を生み出す技術者に引き上げる、というスピード感が世界中のものづくり企業で求められているからです。

つまり、技術者人材育成にとってスタートラインも重要ということです。

新人技術者を採用する際に見るべきポイント

さて、新人技術者採用にあたって見るべきポイントとは何でしょうか?

学歴でしょうか?

学生時代の経験でしょうか?

資格でしょうか?

 

どれも一要素ではありますが、本質ではありません。

 

是非採用では、

「あなたが学生時代にいろいろやったことで最も大きな失敗は何ですか?」

と訊いていただき、その答えに対して、

「それをどのように乗り越えましたか?または乗り越えようとしましたか?」

という質問をしてください。

 

これに対して、

 

– たどたどしくてもいいので、きちんとした主体性を持って話をできているか
→人任せでやってきた場合、他人事のような表現が散見されます。

 

– 自分はどう考えたのか、どう行動したのか、ということを深堀してもこたえられるか
→自分で必死に考えてやってきたことはどのようなアドリブ質問に対してもこたえられます。逆に主体性が無いと、深堀するごとに回答がでなくなってきます。

 

というのをじっくり観察してください。

これによって、本当に自分で考えて、そして行動して乗り越えたのか見極めることができます。

学歴と資格について

先に述べた一般的に採用でみられる学歴や資格というのがどのような位置づけなのかをあわせてみていきます。

1.学歴について

まず学歴についてですが、これで判断するのは偏見であるという批判もかなりあるようですが、例えば書類選考において参考にするのは大きな問題は無いと考えます。

特に募集人数の多い企業や採用選考にあまり人員を割けない企業においては、書類によってある程度選別することは合理的と考えることができます。

 

ただし、学歴によってある程度担保されるのは、

「言われたことを、まじめにこなすことができる」

という可能性が“高い”という点だけであることは理解しておく必要はあります。

 

学歴があるからといって、「企業に利益を与えるような、自主性と実行力を有するか」ということに対する十分条件とは言えないことは強調しておきます。

あくまで、利益を与えるような自主性と実行力を有する必要条件の一つとして、企業組織では何を求められるのかという「企業人常識」を最初の数年は構築する真面目さが必要なので、その真面目さがあるのかということを判断する一指標になるというだけです。

2.学生時代の経験について

部活やサークル、アルバイトや留学。人によってはインターンを経験した人も居るでしょう。これらの情報から理解できるのは、その人たちの「積極性」です。

これはのちに自主性につながるベーススキルですので、見る観点としては重要です。

ただし、学生の経験というのは成果を求められていません。挑戦するだけで成果になってしまっています。

そのため、企業に利益を与える「成果を伴う実行力」を有するのかという事に対しては判断できないのです。

もちろん、そのような成果を学生に求めることは酷なのですが、あくまで採用側が、「積極性」を評価しているにすぎないのだ、と認識することが重要です。

3.資格について

技術者の資格はあまり多くありませんが、有名なものでは技術士という資格もあります。

また、海外とのやり取りが多く、英語での情報収集や情報発信が必要な場合、英語の語学力判定に使われているTOEICなどもあります。

さて、この資格についても学歴同様、

「この人は課題に対してまじめに取り組むことができるのか」

ということを考える指標になります。

資格を有する学生が、企業に利益を生み出すための自主性や実行力を有するかについては未知数です。
なぜならば学生の多くはその資格を使って報酬を得る経験が無いからです。

本当の資格というのはどちらかというと、実戦経験を踏まえて後付で得られると考えるべきです。
このように、一般的には実戦経験を持てない学生に対して、資格だけで企業に利益を生み出す自主性や実行力をもっているかを判断するのは難しいと考えます。

 

上述した通り従来の採用観点というものがどういうものを判断するための指標であるのか、さらにそれぞれに限界があるということも理解しておくことは重要です。

是非、採用においては、

「あなたが学生時代にいろいろやったことで最も大きな失敗は何ですか?」

「それをどのように乗り越えましたか?または乗り越えようとしましたか?」

と問いかけてみてください。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/