ものづくりニュース by aperza

戦略的パートナーシップを締結し、デジタルプラットフォームを構築 ([M...

2016/11/1 IT media

戦略的パートナーシップを締結し、デジタルプラットフォームを構築 ([MONOist])

 シェフラーは2016年10月4日、社内組織全体のデジタル化推進における戦略的パートナーとしてIBMを迎えたと発表した。この提携によりシェフラーは、メカトロニック部品、システム、機械類をIoT(モノのインターネット)へ組み込んで、IBMからデジタルサービスを基盤とした新たなビジネスモデルを導入するためのサポートを受ける。

 シェフラーはここ数年、多額を投じて、機械や車両の重要な部品である軸受やクラッチリリースシステムに、ソフトウェアを埋め込んだセンサー、アクチュエーター、制御ユニットを内蔵させてきた。現在、これらの内蔵部品から機械の状態に関する貴重なデータを得て、それを付加価値サービスへと変換することが可能になったとしている。両社は提携の最初の成果として、シェフラーの付加価値サービス用のデジタルプラットフォームを2016年10月に立ち上げた。

 提携の重点項目としては、以下の事例が挙げられている。

 まず、風力タービンの状態に関する情報を、装置だけでなく軸受内のセンサーから稼働中に収集し、部品交換作業などの最適化を目指す。列車監視についても、スマートベアリングが自ら測定した振動、温度、トルク、速度に基づいてアラートを生成し、強化した予知保全システムにより効率性と安全性の向上を図る。自動車部品から得たデータは、リアルタイム分析と認知システムによって有益な知見に転換し、部品の機能や耐用寿命の向上などに利用する。

 また、製造およびサプライチェーンの継続的な最適化のため、IBMの認知テクノロジーがシェフラーのインダストリー4.0戦略をサポート。工作機械の総合設備効率(OEE)改善に貢献する。さらに、オペレーションセンターに送信されたビッグデータはシェフラークラウドで処理され、機械に関する予測や不規則事象への迅速な対応に役立てられる。

相互に価値を高めるパートナーシップ


風力エネルギー部門におけるメンテナンスを最適化


列車監視のデジタル化、最適化


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/