ものづくりニュース by aperza

対象物の動きを検知し、交通量や混雑度を把握する画像分析サービスを開始 ...

2016/11/1 IT media

対象物の動きを検知し、交通量や混雑度を把握する画像分析サービスを開始 ([MONOist])

 日本システムウエアは2016年8月4日、米Placemeterと日本における販売契約を締結し、同社の画像分析サービス「Placemeter(プレースメーター)」の提供を開始したと発表した。

 Placemeterは、IPカメラの映像やセンサー情報から、歩行者や自動車、自転車などの対象物の動きを検知するサービス。取得した情報は、Placemeterのプラットフォームで解析され、その結果は管理画面上で表やグラフで確認できる。

 対象物の進行方向や密度から、交通量・混雑度を把握できるため、自治体の都市計画や公共エリアでのセキュリティ監視などに利用されている。他にも、小売店の来店者数のカウントや待ち時間計測、広告物前の通行量測定などにも活用できるという。

 価格は、1ライセンス(1カ所計測ごと)あたり月額1000円から。専用のIPセンサーとIPカメラは1台当たり8000円からとなる。他に、既設のIPカメラに対する同サービスの提供や、日本システムウエアのIoTクラウドプラットフォーム「Toami」とのデータ連携サービスも提供するとしている。



Placemeterの画像解析イメージと管理画面


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/