富士経済、FAロボット用減速機の需給ひっ迫、2025年には2.2倍に

富士経済、FAロボット用減速機の需給ひっ迫、2025年には2.2倍に

富士経済は、FAロボットの需要の急増に伴い、ロボットの重要な構成部品である減速機の世界市場を調査、見通しをまとめた。

人手不足や製品品質の安定化などを目的に自動化のニーズは増加を続け、FAロボットの需要は急増している。それを受けて、減速機(特に波動歯車式)の需給がひっ迫。大規模ユーザーのロボット導入が遅延するケースも出てきている。

FAロボットの需要は今後さらに増加するとみられ、主要減速機メーカーの増産や、新規メーカーの参入による市場活性化などで、減速機の需給問題の解消と減速機市場の拡大が期待される。

富士経済_FAロボット用減速機調査

▲FAロボット用減速機の世界市場

 

FAロボット用減速機の市場は、17年は前年比29.9%増の870億円だった。18年は供給がやや追いついていないものの中国を中心に需要が伸び、前年比17.2%増の1020億円が見込まれる。

今後もFAロボットの需要増加が続くとみられ、減速機の市場は中国を含むアジアや日本を中心に拡大し、25年には17年比2.2倍の1900億円が予想される。

 

市場は日本メーカーを中心に、中国、インドなどの新規メーカーも参入している。数社の寡占状態から新規メーカーの参入による市場活性化、競争原理が働くことによって、納期問題の解消が期待される。

また、新規メーカーの製品ラインアップの拡充が進めば、既存メーカーとの競合が激化し価格競争が進むとみられ、特に中国やベトナム向けの廉価版ロボットでは、新規メーカーが提供する低価格を売りとした減速機の採用が進む可能性がある。


オートメーション新聞社の編集部が書き下ろす展示会のまとめ記事などのオリジナル記事を配信します。 オートメーション新聞Webはこちらから http://www.automation-news.jp/