家族・親戚で縫製工場で働いています。| ラオス縫製工場の日常

家族・親戚で縫製工場で働いています。| ラオス縫製工場の日常

※当コンテンツはCBC Laoの提供でお届けいたします。

 

ラオスにある他の縫製工場と比べて、CBC Laoの職員の特徴として、職員寮がないため、工場近郊から通ってくる職員が多いことがあります。中には配偶者の公務員宿舎等から通ってくる職員もいますが、工場の近くに元々住んでているような職員が多いです。

そして、CBC Laoのもう1つの特徴として、元々近くに住んでいるような職員の多くが、家族・親戚で働いているということです。

どんな風に家族・親戚で働いているのかというと……

 

①母(縫製場)と娘(QC)

②母(縫製場)と娘(縫製場)

③母(QC)と娘(QC)、姪(QC)、姪(QC)、姪(裁断場)

④母(QC)、姪(縫製場)、甥(裁断場)、甥の妻(QC)

⑤夫(裁断場)と妻(縫製場)

⑥夫(裁断場)と妻(縫製場)

⑦夫(ドライバー)と妻(縫製場)

⑧いとこ同士(縫製場と縫製場)

⑨姉と妹(縫製場と裁断場)

⑩何かの親戚同士(縫製場とQC)

 

なんと男性陣は皆夫婦で働いています!!(4人しかいませんが……)

こんな風に家族・親戚同士で働きにきているのは、きっとやりがいを持って働くことができているからです!!

どこの工場も人集めに苦労しているラオスの縫製工場ですが、CBC Laoは口伝てで職員集めができています。社長はいつも「職員が気持ちよく、やりがいをもって働くことができて初めて、良い商品を縫製し出荷することができる」と言っています。
 
 

シャツやパンツ、寝具を問わず、1つの商品を出荷するまでに、生地を裁断し、縫製をし、QCに至るまで、たくさんの職員が関わっています。だからこそ、一人ひとりが、どのような気持ちで働いているかがとても大切になってきます。

これからもCBC Laoはより商品を縫製できるよう、一丸となっていきます!!

 

出典:海外ラオスにある小ロットを得意とする縫製工場


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。