ものづくりニュース by aperza

宇宙まで届く!?リニアモータで上下左右に動くエレベータ大革命

宇宙まで届く!?リニアモータで上下左右に動くエレベータ大革命

エレベータが上下に動くものという時代は終わるかもしれません。

ドイツのティッセンクルップ(thyssenkrupp)は、エレベータの駆動系にリニアモーターを採用し、軌道に沿って上下左右に動く新型エレベータ「MULTI」を開発しました。

その様子がこちら

リニアモータに人が乗るカゴがついて1軸方向に移動
スクリーンショット 2017-06-26 7.20.49

交差点には電車のポイントのような切替機が備わっていて、移動方向を変えられます
スクリーンショット 2017-06-26 7.29.11

スクリーンショット 2017-06-26 7.27.30

ビルの中にレールを上下左右に張り巡らせておけば移動は自由自在
スクリーンショット 2017-06-26 7.22.32

スクリーンショット 2017-06-26 7.24.28

まるで自動倉庫か電車の運行表のよう
スクリーンショット 2017-06-26 7.30.50

ワイヤーで吊って上下移動しかできなかったのが当たり前だったエレベータの概念を覆すこの製品。これならば軌道にいくつものカゴを入れることができ、エレベータの待ち時間がかなり短縮できそうです。しかも、軌道を伸ばすだけでどこまででも行けます。ということは、宇宙まで伸ばせば、軌道エレベーターに。。。夢が膨らみますね。

参考:thyssenkrupp


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ